SBIインベストメント株式会社とパラマウントベッド株式会社によるコーポレートベンチャーキャピタルファンドの共同設立に関するお知らせ

パラマウントベッド株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:木村 友彦、以下「パラマウントベッド」)は10月1日、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:北尾 吉孝)の100%子会社であるSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員会長兼社長:北尾 吉孝、以下「SBIインベストメント」)と共同で、医療・介護・健康の各領域に強みを持つ国内外の有望なスタートアップ企業を投資対象とするCVC(コーポレート ベンチャー キャピタル)ファンド「PARAMOUNT BED-SBI Healthcare Fund1号投資事業有限責任組合」(通称「PARAMOUNT BED Healthcare Fund」、以下、「本ファンド」)を設立することになりましたのでお知らせいたします。
パラマウントベッドグループは、2030年に向けた目指すべき姿「パラマウントビジョン2030」において「医療・介護から健康まで、すべての人に笑顔を」を掲げ、「医療」「介護」「健康」の各分野において、社会課題の解決に資する製品・サービスの提供や新たなビジネスの構築を通じてステークホルダーの皆様に貢献するとともに、企業価値の拡大を図っております。

近年ではAI、IoT、DXなどの言葉に象徴されるような技術革新が進む中で、新しい考え方や技術を活用する多くのベンチャー企業が活躍しています。本ファンドを通じて、自社と外部の技術やノウハウ、人脈などを組み合わせ、新たなシナジーを発揮することで、「パラマウントビジョン2030」の実現に向けて新規事業の機会創出を図ってまいります。

本ファンドはSBIインベストメントの持つ企業育成の知見やネットワークを活かし、「医療」「介護」「健康」の各事業領域に強みを持つ国内外の有望なスタートアップ企業に対して、今後7.5年間で50億円規模の投資を行う予定です。

【本ファンドの概要】

 

ファンド名 PARAMOUNT BED-SBI Healthcare Fund 1号投資事業有限責任組合
通称 PARAMOUNT BED Healthcare Fund
ファンド規模 50億円
運用期間 7.5年間
投資領域 医療・介護・健康(ヘルスケア分野における革新的なテクノロジー・サービス等)
運営会社 SBIインベストメント株式会社


ロゴ:




※記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パラマウントベッドホールディングス株式会社 >
  3. SBIインベストメント株式会社とパラマウントベッド株式会社によるコーポレートベンチャーキャピタルファンドの共同設立に関するお知らせ