新型コロナウイルスの影響でフレックスタイム制・リモートワークを導入した企業をアンケート!通常通りの勤務は約82%!

新型コロナウイルスの影響で、どの程度の企業がフレックスタイム制やリモートワークを導入しているのか、実際に働く会社員へアンケートを取りました。

新型コロナウイルスの拡大により、各種イベントの中止など、企業は対応に追われています。
リモートワークやフレックスタイム制を導入している企業も増えており、実施を検討している企業や担当者の方も多いでしょう。
そこでこの度、転職サイト比較Plus(https://tenshoku-plus.com/)では、22歳~59歳のサラリーマンの方を対象に、今回の新型コロナウイルスがきっかけで、リモートワーク・フレックスタイム制は導入されたのか、アンケートを実施しました。
アンケートについて
【アンケート内容】新型コロナウイルスによるリモートワーク・フレックスタイム制の実施状況
【調査期間】2020年02月28日~03月2日
【調査対象】22歳~59歳の会社員男女1183人(内訳 男性718人 女性465人)

調査結果の概要
  • 新型コロナウイルス拡大後も通常通り勤務が82.2%
  • 今回を機に新しく制度が導入されたのが7.8%

新型コロナウイルスによって、勤務体制に変更はありましたか?


会社員の男女1183人に、新型コロナウイルスによって、勤務体制に影響があるか質問したところ、約82%の人が通常通り勤務していると回答しました。

ITやWEB業界ではリモートワークやフレックスタイム制を導入しやすいですが、製造業や接客業など、人が必要な企業では、通常通り勤務している割合は多いようです。

しかし今回がきっかけで、フレックスタイム制が導入されたのが4.6%、リモートワークが導入されたのが3.2%と、影響は少なくないことが分かります。

また以前からいずれかの制度を導入している企業が6.6%と、柔軟な働き方が広がりつつあることが分かります。

事態の急変に備えて準備を!

今はリモートワークやフレックスタイム制を導入していない企業でも、今後新型コロナウイルスの拡大状況によっては、導入せざるを得ない事態になりかねません。

企業側での制度の準備はもちろん、働く側も自宅で作業できる環境を整えておくなど、いつ事態が急変しても対応できる準備が必要です。

リモートワークを始めるために必要な準備など、こちらの記事にまとめているのでぜひ参考にしてください。

リモートワークの始め方!準備に必要なものと導入するまでの流れ(https://tenshoku-plus.com/remotework-junbi/) 

また平日の勤務時だけでなく、不要不急の外出を控える、健康な生活を心がけるなど、急激な感染拡大を抑えるために一人ひとりの対策も必要です。

転職サイト比較Plusについて

弊社が運営する転職サイト比較Plusは、求人検索型の転職サイトや、転職エージェントの詳細情報を紹介するだけでなく、あなたにおすすめの転職サービスを探せる転職総合メディアです。

また転職や仕事に関するコラム記事も日々更新しており、月間15万人を超えるユーザーが利用しています。

転職を検討しているけれど、まず何をすればいいのか分からないという方は、これを機にぜひ転職サイト比較Plusを利用してみてください。

転職サイト比較Plus:https://tenshoku-plus.com/

東晶貿易株式会社について

会社名:東晶貿易株式会社
代表者:代表取締役 大泉 弘晶
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー43F
TEL:03-5775-5597
ホームページ:https://www.tosho-trading.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東晶貿易株式会社 >
  3. 新型コロナウイルスの影響でフレックスタイム制・リモートワークを導入した企業をアンケート!通常通りの勤務は約82%!