新型コロナ治療にあたる医療機関へ「mudefお弁当プロジェクト」を実施

都内医療機関スタッフへ美味しいお弁当で感謝と元気をお届け!

様々なアーティストが集い社会貢献活動を行う一般財団法人mudef(東京都渋谷区、以下mudef)では、今年5月より、新型コロナウイルス感染者の受け入れや対応にあたっていた医療スタッフに敬意と感謝を伝えるため、飲食店の協力を得てお弁当を届けるプロジェクトを実施。
理事MISIAからの寄付を活用し、6月末までに都内6カ所の医療機関へ、飲食店10店舗のお弁当約5,000個をお届けしました。
  • mudefお弁当プロジェクト詳細
・期間:令和2年5月12日(火)~6月30日(火)
・お届け個数:約5,000個
・医療機関:厚生中央病院、東京大学医学部附属病院など(都内医療機関計6カ所) 
・協力飲食店店舗:さつまや原宿本店、さつまおごじょ、さつまや広尾、Segodon、銀座しゃぶ通、銀座しゃぶ通好の笹銀座店、銀座しゃぶ通好の笹日本橋店、洋食屋銀座グリルカーディナル、銀座梅林、MUSMUS (都内飲食店計10店舗) 

  • 医療機関スタッフからのメッセージ

・お弁当の寄付ありがとうございます。美味しく更にボリューム満点で良いお昼時間が過ごせました!本当にとても元気が出ました。飲食業界も大変な時期に、このような寄付にとても感謝しています!今後とも医療従事者として、患者様のために頑張ります。

・品数豊かで大変美味しいお弁当をありがとうございました。対応を行っていくための、活力となりました。
・皆さんから感謝をしていただける仕事に誇りを感じると共に、更にプロフェッショナルとしての仕事をしなくてはと感じました。ありがとうございます。
  • 協力飲食店舗からのメッセージ

・お弁当を通して少しでも医療スタッフのみなさんの役に立てていることが嬉しいです。
・飲食店は新型コロナで相当な打撃を受けているので、このタイミングでお弁当の注文をいただけてありがたかったです。

・機会があれば、ぜひまたこのプロジェクトに協力し、食を通して元気を届けたいと思いました。

  • 今後のプロジェクト方針

mudefでは、今後も新型コロナウイルスの影響を受けている児童福祉施設などを対象にプロジェクトを続けていく予定です。
【ご賛同いただけるみなさまへ】
このプロジェクトにご賛同いただける方は、ぜひご支援をお願い致します。みなさまからのご寄付で、より多くの施設へお弁当を届けします。
▼ご寄付先:三井住友銀行支店名 渋谷駅前支店 普通口座4201703

  • 一般財団法人mudef(ミューデフ)

mudefは、アーティストや俳優、スポーツ選手といった様々な分野の著名人が社会貢献活動を行う際の窓口の役割を担う団体です。
音楽とアートの力でより良い世界の構築を目指し、賛同する著名人と多岐にわたる活動を展開しています。
理事:MISIA、大宮エリー、GLAY・TAKURO他
http://www.mudef.net
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人mudef >
  3. 新型コロナ治療にあたる医療機関へ「mudefお弁当プロジェクト」を実施