『投資信託 失敗の教訓』発刊について

なぜ日本の個人投資家だけ運用がうまくいかないのか?

大手IFA(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)法人であるファイナンシャルスタンダード株式会社(東京都港区・代表取締役:福田猛)は、弊社代表取締役の福田猛が、プレジデント社より『投資信託 失敗の教訓』を発刊しましたことをお知らせ申し上げます。

《本書の内容》
■現在の運用成果に満足していない日本の個人投資家…75%
■それに対して米英の個人投資家は過去20年で個人資産を約3倍にしている。

この違いは何が原因なのか?どうすれば日本の個人投資家の運用はうまくいくのかを、米国の運用手法と比較しながら検討していきます。

具体的には…
■相場予測は当たらない。相場を予想しないことが成功の秘訣
■運用の目標を決め、今やるべき投資法を逆算する
投資は知識より精神力が重要!行動経済学から考えるほったらかし投資法
■話題の積立投資やパッシブ投資の注意点
■米国では資産運用の相談は金融機関ではなくIFAにするのが一般的

と言った注意点を踏まえて、何をするべきかを具体例を交えて解説しています。
普段聞いている正しい資産運用方法とは逆行するような理論も多いのですが、それは実際にIFA(independent financial advisor 独立系資産運用アドバイザー)として個人投資家と接する運用の実務家だからこそ辿り着いた投資理論。
そのため多くのメディアにも注目いただき、掲載されています。

※プレス送付先のメディアの皆様には、本書を送付させていただきます。ご希望の方はお申し付けください。

《本書概要》
■タイトル:『投資信託 失敗の教訓』
■著者:福田 猛
■発行元:プレジデント社
■価格:1600円(税抜)
■発売日:2018年5月21日
■仕様: 四六判/並製/本文238頁

《著者プロフィール》
■大手証券会社を経て、2012年に金融機関から独立した立場で資産運用のアドバイスを行うIFA法人ファイナンシャルスタンダード株式会社を設立。資産形成・資産運用アドバイザーとして活躍中。
2015年楽天証券IFAサミットにて独立系アドバイザーとして総合1位を受賞。
東京・横浜を中心に全国各地でセミナー講師としても活躍し、大好評の「投資信託選びの新常識セミナー」は開催数180回を超え、延べ8,000人以上が参加。新聞・経済誌等メディアでも注目を集める。
著書に『金融機関が教えてくれない 本当に買うべき投資信託』(幻冬舎)がある。 

《会社概要》
■会社名:ファイナンシャルスタンダード株式会社
■住所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階
■代表取締役:福田 猛
■URL:http://www.fstandard.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
ファイナンシャルスタンダード株式会社
広報担当:細田 (ほそだ)
電話:03-6268-0900
メールアドレス:hosoda@fstandard.co.jp
FAX:03-6268-0901
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファイナンシャルスタンダード株式会社 >
  3. 『投資信託 失敗の教訓』発刊について