「新商品」大正10年創業 五家宝屋ワタトーが、伝統菓子を現代風にアレンジし今までに無い和菓子「五家玉 GOKABALL」をリリース!!

「女性を笑顔に、伝統菓子五家宝の文化を次世代へ」

五家宝とはきな粉と水飴、もち米から出来ており、江戸時代からある埼玉銘菓の1つです。熊谷では「五嘉棒」の名で文政年間に売り出され、その後「五嘉宝」「五箇宝」表記を経て、「五穀は家の宝である」という折りを込めて現在の表記となっています。弊社ではすべて手造りしています。その昔から変わらぬ五家宝の生地にバターミルク、カカオ、アーモンドを混ぜチョコレートを包んだのが五家玉 GoKaBallです。これもまた時代とともに表記もお菓子も変化していきます。五家宝の文化と職人の思いが丸いお菓子にたくさん詰まっています。


大正10年(1921)創業。ワタトーは創業者である渡邊藤作(わたなべ とうさく)の名前から付けられています。日本橋で豆菓子屋として創業してすぐに熊谷の菓子職人から五家宝づくりを教わり、今に至るまで100年近く、伝統銘菓を作り続けています。現在は2014年事業継承を済ませ4代目が経営をしています 五家宝の主原料は、昔から健康にいいといわれいるきな粉です。

 



その生地を使って女性がほっこりする柔らかいチョコレートを包み、あたかもかよわいものを抱きかかえるそんなお菓子をイメージしました。そしてきな粉の原料大豆は「畑の肉」と言われるほど良質なたんぱく質、食物繊維、葉酸、大豆イソフラボンなどが含まれており、長寿国日本では重要な栄養源となってきた食材です。体を元気にしてくれそうな栄養素がいっぱいです。
 


そんなきな粉を沢山使ったお菓子が、五家宝や、きなこひねり、きな粉棒があります。 そして今回リリースの 「五家玉 GOKABALL」は きな粉プラス、カカオ(ポリフェノールを多く含み、体のサビを防ぐ効果がある)やアーモンド(ビタミンEなどが豊富で、若返り効果に期待)を加えすべて個包装にしました。
 

 

(左)商品名: 五家玉 GOKABALL milk caramel
大正10年創業五家宝屋ワタトーの伝統菓子五家宝の生地にバターミルクとキャラメルを混ぜチョコを包み、粉糖をまぶし白く仕上げました。(個包装)


(中央)商品名: 五家玉 GOKABALLplane
大正10年創業五家宝屋ワタトーの伝統菓子五家宝の生地にアーモンド、カカオニブ、バターミルクを混ぜチョコを包み、キャラメルのような食感で、きな粉をまぶし優しい味に仕上げました。(個包装)


(右)商品名: 五家玉 GOKABALL cocoa
大正10年創業五家宝屋ワタトーの伝統菓子五家宝の生地にアーモンド、カカオニブ、バターミルクを混ぜチョコを包み、周りにはココアをまぶし大人な味に仕上げました。(個包装)


 



上の商品2つより小さめのボールです。 価格¥435税抜~ 入数 8個~10個 形状 個包装 ジップロック ・個包装 丸筒 賞味期限120日 ギフト対応可 OEM可 *日本アジアハラール協会 ハラール認証取得

 


株式会社 ワタトー
http://www.watato1224.sakura.ne.jp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SelfCreative合同会社 >
  3. 「新商品」大正10年創業 五家宝屋ワタトーが、伝統菓子を現代風にアレンジし今までに無い和菓子「五家玉 GOKABALL」をリリース!!