8月24日は「ドレッシングの日」一般社団法人 日本記念日協会に登録認定 ケンコーマヨネーズ初の記念日制定!

8/24は野菜の日(8/31)の真上に位置。“野菜にかける”からドレッシングの日に

 ケンコーマヨネーズ株式会社(東京本社:東京都杉並区 代表取締役社長:炭井孝志)は、毎年8月24日を「ドレッシングの日」とすることを一般社団法人 日本記念日協会(代表理事:加瀬清志)に申請し、記念日として正式に登録認定されましたので、お知らせします。

“野菜にかける”から、ドレッシングの日“野菜にかける”から、ドレッシングの日

【「ドレッシングの日」制定の目的】


 ドレッシングは、サラダを食べるときにかけるだけでなく、パスタソースやタレ、料理の味付けにも使われるなど、利用方法が多様化しています。

ドレッシングの幅広い活用方法や、ドレッシングを使用したメニュー提案を多くの方にご案内し、より豊かな食生活をご提案するために制定しました。

【8月24日を「ドレッシングの日」とした理由】

 ■“野菜にかける”から、ドレッシングの日
 ドレッシングは野菜にかけて使用することが多いことから、831(やさい)にかける(かけ算をする)→「8×3×1=24」で24日を、また、カレンダーで見ると「野菜の日(8月31日)」の真上にあるのが8月24日であることから、野菜にドレッシングをかける様子をイメージし、「ドレッシングの日」と制定しました。

 ■夏の暑い時期をサラダ料理で健康に
 8月23日・24日頃は暦の上では「処暑」であり、次第に暑さも和らぎ秋を感じられる時期と言われていますが、まだ残暑が厳しく、食欲が低下する時期でもあります。そこで、ドレッシングを使ったさっぱりとしたサラダ料理を食べて、健康的な生活を送っていただきたいという想いを込めています。

 当社は今後も、マヨネーズ・ドレッシングの市場全体を活性化させるべく、当社製品を最大限に活かした使用方法やメニューの提案をおこない、市場を演出していきます。
 

フレッシュハーブと生ハムのサラダ(実がたっぷり赤の柑橘ドレッシング)フレッシュハーブと生ハムのサラダ(実がたっぷり赤の柑橘ドレッシング)

紫キャベツと林檎のSALAD(世界を旅するドレッシング™ シルタースタイル®)紫キャベツと林檎のSALAD(世界を旅するドレッシング™ シルタースタイル®)

ブランとフルーツのモーニングサラダ(クリーミードレッシング シリアルブラン)ブランとフルーツのモーニングサラダ(クリーミードレッシング シリアルブラン)

 

■会社概要

社名    : ケンコーマヨネーズ株式会社
代表者   : 代表取締役社長 炭井 孝志
所在地   : 東京都杉並区高井戸東3-8-13(東京本社)
創立年月   : 1958年3月
資本金   : 2,180百万円(2016年3月末現在)
主な事業内容: サラダ・総菜類、
マヨネーズ・ドレッシング類、
タマゴ加工品等の食品製造販売
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ケンコーマヨネーズPR事務局 >
  3. 8月24日は「ドレッシングの日」一般社団法人 日本記念日協会に登録認定 ケンコーマヨネーズ初の記念日制定!