ネクサス・アールフォワードファイナンスがフィリピンに2店舗目となる支店開設

フィリピン金融情勢を企業・市民両面から後押しする

フィリピンの人々の充実した人生を後押しすべく、金融事業・従業員向け消費者ローン「Biscuits」を展開しているネクサス・アールフォワードファイナンス(本社:フィリピン国マカティ市 代表取締役CEO:白川 大記(Daiki Shirakawa) 以下、当社)は、2018年4月25日、フィリピン国メトロ・マニラ ケソン市に本店営業部に続く2店舗目となる、第一号支店を開設致しました。
■フィリピンの未成熟な金融情勢を、日本の金融ノウハウ&IT技術で後押しする
ネクサス・アールフォワードファイナンスは「フィリピンの人々が充実した人生を送れるようにする」というビジョンを掲げ、2016年10月にネクサス・アールホールディングス(旧ネクサス・アールハウジング)(本店:東京都墨田区 代表:高瀬 勝啓)のグループ会社として、フィリピン国マカティ市にて設立いたしました。
 
■ブルーオーシャンの市場と、そこに切り込む技術力
フィリピンはアジア圏内でも特に女性取締役の登用が盛んで、スマートフォンやインターネットの普及率が加速度的に増大しており、2015年には人口が1億人を突破。様々な分野において非常に大きな市場チャンスがある国です。しかし、急速に発展した意識と乖離するかの如く、低額の平均年収や貧富の差、普及速度に追いついていない未整備なインフラといった、事業展開を阻むいくつもの障壁が存在します。
そんな中で当社はいまだ未成熟なフィリピンの金融事情に着目。日本のIT技術と長年培ってきた金融ノウハウを用いた消費者ローン事業を立ち上げました。

■従業員向け消費者ローン「Biscuits」
GDPの中で国内消費が70%を占める程の消費市場において、給与の前借りが日常に行われている実態があり、自社資金から前払い給与を捻出する中小企業には常に多大なリスクが課されていました。それを解消すべく、従業員向け「モバイルローンアプリ」と雇用者向け「給与計算ローン管理ソフト」、それを統合するクラウドシステムを提供。2017年4月のローンチ以降、利用者は8,000人を突破(2018年3月時点)。それを受けて、事業範囲の拡大と人員増強のため、フィリピン国メトロ・マニラ ケソン市に第一号支店を開設致しました。

■ネクサス・アールフォワードファイナンス ケソン支店
所在地    :2nd Floor LDI Building, #24 12th Avenue, Brgy. Socorro, Murphy,Cubao,Quezon City, Philippines 1109

【ケソン支店外観】


■ネクサス・アールフォワードファイナンスについて
名称       :Nexus R Forward Finance, Inc.
(日本語名称:株式会社ネクサス・アールフォワードファイナンス)
所在地    :Unit1602 Pacific Star Building, Sen.Gil Puyat Avenue,Corner Makati Avenue,Makati City, Philippines

代表者名:白川 大記(Daiki Shirakawa)
事業内容:IT・金融業
取得済ライセンス:Certificate of Authority to Operate as a Finance Company (COA) No.1122 ※1
設立       :2016年10月6日
ウェブサイト:https://nexusrforward.com

■会社ロゴ

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネクサス・アールホールディングス >
  3. ネクサス・アールフォワードファイナンスがフィリピンに2店舗目となる支店開設