水銀ランプと同等性能かつ同等コストを実現させた 新型「深紫外線LED 流水殺菌モジュール」を開発 ~水銀フリーで簡易水道や工場製造用水を殺菌~

日機装株式会社(以下、「当社」)および当社連結子会社である日機装技研株式会社は、従来の製品を改良し、水銀ランプ製品と同等以上の性能かつ同等以下のコストを実現させた新型「深紫外線LED流水殺菌モジュール」を開発しました。
なお、本モジュールは、9月17日から20日まで開催中の「第11回 国際水協会(IWA)世界会議・展示会」に展示しています。

■新型「深紫外線LED 流水殺菌モジュール」の特長
・水銀ランプ製品と同等以上の性能と同等以下のコストを実現
従来の流水殺菌モジュールを改良し、製造コストを削減するとともに、出力が2 倍以上に向上。
水銀ランプ製品と同等以下のコストと同等以上の紫外線量(30mJ/㎠@50L/分)を実現しました。これにより、簡易水道、工場用水など、幅広いシーンの水殺菌が可能となりました。

・優れた堅牢性、長寿命、小型、水銀フリー
長寿命(最低1 万時間)、小型、水銀フリーという深紫外線LED の特長と、優れた堅牢性により、利用シーンに合わせて最適なモジュールを提供可能となりました。

<利用シーン例>
小規模水道向け:    簡易水道、専用水道、緊急時の飲料水の殺菌
工場製造用水向け:   飲料、食品、医薬品、半導体の製造用水の殺菌
水産業向け:      漁業用海水、漁船内海水、陸上養殖用水の殺菌
水族館/プール向け:   水槽内の飼育用水、プール、温浴施設の殺菌

■今後の展開
新型「深紫外線LED 流水殺菌モジュール」は2019 年初頭に販売開始予定です。
当社は今後も、医療、工業、水処理など、様々な分野に向け、深紫外線LED を搭載した製品を開発し、各種用途に向けて幅広く提供していく予定です。また、更なる製造コスト削減や、LEDの高出力化を図ることで、LCC の観点でもより魅力的な製品を開発し、深紫外線LED 殺菌装置の普及促進、新市場の開拓を目指します。
※LCC = Life Cycle Cost

■深紫外線LED について
深紫外線LED は、一般的な紫外線よりも波長が短く、水や空気に対して高い殺菌効果を持つことから、環境衛生や医療など幅広い分野での用途が期待されています。また、手軽に利用でき、小型・省力化といったメリットがあります。
当社は、世界に先駆けて実用化レベルの製品開発に成功し、2015 年以降、世界最高出力を持つ深紫外線LED パッケージ、それを用いた流水殺菌モジュールを製品化してきました。
<関連情報>:https://www.nikkiso.co.jp/products/duv-led/

<日機装会社概要>
会社名: 日機装株式会社
本社所在地: 〒150-6022 東京都渋谷区恵比寿4 丁目20 番3 号恵比寿ガーデンプレイスタワー22 階
創業: 1953 年12 月26 日 ※登記上の創業日1950 年3 月7 日
代表者: 代表取締役社長 甲斐 敏彦
事業内容: 産業用特殊ポンプ・システムなどを手掛ける「インダストリアル事業」、人工透析関連製品などの医療機器を手掛ける「メディカル事業」、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製航空機部品を手掛ける「航空宇宙事業」等の事業を展開。国内シェア50%以上の血液透析装置、世界シェア90%以上の「カスケード(航空機
エンジン用ナセル部品)」など、独自の技術の力で、日機装の製品は日本で、または世界で高い市場シェアを持っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日機装株式会社 >
  3. 水銀ランプと同等性能かつ同等コストを実現させた 新型「深紫外線LED 流水殺菌モジュール」を開発 ~水銀フリーで簡易水道や工場製造用水を殺菌~