テイクアウトの事前注文・決済サービス「PICKS(ピックス)」運営元、iSGSおよび著名エンジェル投資家から資金調達を実施。

2019年10月の消費税引き上げも追い風にさらなる拡大を目指す

PICKSの運営元である株式会社DIRIGIO(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役CEO:本多 祐樹)は、、iSGSインベストメントワークスおよび著名エンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資を含む総額7000万円(政策金融公庫の資本性ローンを一部含む)資金調達を実施いたしました。

今回のラウンドに参加したのは既存投資家である西川順氏、KlabVenturePartners2社に加えて、iSGS、赤坂優氏、有安伸宏氏、Japan Angel Fundです

 

 

  • ■PICKS(ピックス)とは?

PICKSはテイクアウト料理を事前注文・決済することができるサービスです。待ち時間なく、キャッシュレスで出来たての料理を受け取ることができます。海外ではモバイルオーダー&ペイといわれスターバックスやマクドナルドをはじめとして急速に規模を拡大しています。昨年5月のサービス開始からパートナー店舗様は増加し続けており、約175店舗でご導入いただいております。

  • ■PICKS(ピックス)の特徴


1.スマホで全て完結
PICKSはたった3タップのかんたんな操作でテイクアウトを事前注文・決済することができます。

2. 待ち時間なし
PICKSではテイクアウト料理を事前注文します。時間指定をして取りに行くだけで出来たての料理を受け取ることができます。

3.完全キャッシュレス
PICKSは注文と同時に決済が行われます。行列に並びお会計をする必要はありません。カウンターで受け取るだけです。

 

  • ■ライフスタイルの変化を背景に急拡大する中食市場について

高齢者の増加・働く女性の増加・単身世帯の増加を代表として国民のライフスタイルの変化を背景に、中食市場の市場規模は拡大を続けています。2017年には市場規模が10兆円を超え今後も急拡大が期待される市場のひとつです。
 

  • ■軽減税率による中食需要の拡大について

2019年の10月には消費税の増税が行われ、中食は「軽減税率」の対象となります。外食が消費税10%に対して中食は8%となるため、消費税増税は中食市場の拡大をさらに強めることが予測されています。現在パートナー店舗数も急激の増加しており現在200店舗に迫る勢いで増加を続けております。

 

  • ■第三者割当増資について

今回のラウンドに参加したのは既存投資家である西川順氏、KlabVenturePartners2社に加えて、iSGS、赤坂優氏、有安伸宏氏、Japan Angel Fundの計6者を引受先とした第三者割当増資を含む総額7000万円(政策金融公庫の資本性ローンを一部含む)資金調達を実施いたしました。

 

  • ■資金調達の目的

 

実務経験を持つ投資家を迎えることで、さらなるスケールアップに向けた組織体制、運営体制の確立。軽減税率に導入による外食と中食の価格の違いをはじめとして、中食への大きな風が吹く中でテイクアウトプラットフォームしてさらなるスケールアップを行うために活用してまいります。

【サービス概要】
・名称:PICKS(ピックス)
・配信形式:iOS,(AndoridとWeb版は近日リリース予定)
・利用料:無料
・サービス開始日:5月21日
・サービスURL:https://picks.fun/

【株式会社DIRIGIO】
商号:株式会社DIRIGIO
代表者:代表取締役CEO 本多 祐樹
設立:2016年7月7日
事業内容:モバイルオーダー&ペイプラットホーム「PICKS」の運営と開発
URL: http://dirigio.jp/

【資料請求・お問い合わせ】
飲食店の方資料請求は以下のページよりお申し込みください。
また、詳細はこちらのプレスリリースからも確認いただけます
・picks (https://picks.fun/)

  1. プレスリリース >
  2. DIRIGIO INC. >
  3. テイクアウトの事前注文・決済サービス「PICKS(ピックス)」運営元、iSGSおよび著名エンジェル投資家から資金調達を実施。