9/1、一般会員募集スタート!!-年会費1万円で、福利厚生サービスや万が一の補償を、個人が得られる時代へ。

ワーカー主体の非営利フリーランス支援団体「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 https://www.freelance-jp.org 」(東京都中央区、代表理事 平田麻莉、以下「フリーランス協会」)は、フリーランスの生活および事業を支援する国内初の仕組みである「フリーランス協会 ベネフィットプラン」(以下「ベネフィットプラン」)を特典とする個人の一般会員を本格的に募集開始します。7月3日よりテストマーケティングとしてクローズドに先行募集していましたが、本日からは、年会費1万円で、身分証で本人確認ができる方であればどなたでも一般会員としてご入会いただけるようになります。


当協会は、「フリーランスがつくる新しい共助のかたち」であるベネフィットプランを通じ、幅広い職種や世代のフリーランスやパラレルワーカーが前向きにキャリアを切り拓けるよう支援し、個人の働き方の多様化を後押ししてまいります。

■「フリーランス協会 ベネフィットプラン」の概要
フリーランス特有の業務リスクに備える「フリーランス賠償責任補償」や、全国約3,000の健診機関ネットワークでの健診・人間ドック、全国1,300の保育施設やベビーシッター、スキルアップ講座等が優待利用できる福利厚生サービス「WELBOX」、病気やケガによる所得喪失を補填する「所得補償制度」が利用できます。また、全国のコワーキングスペースやバーチャルオフィス、会計サービス、カウンセリング、家事代行などの優待利用ができます。

■本格募集開始にあたってのサービス拡張
・ビジネスチャットツール「チャットワーク」の「パーソナルプラン(月額400円)」が無料
・アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードの初年度年会費が無料、さらに入会後1年間に合計200万円(税込)以上のご利用で、30,000ボーナスポイントプレゼント
・田島寺西法律事務所で、「退任・退職後の競業避止義務違反」に関する法律相談が、初回無料
・co-ba shibuyaの月額プランの入会初期費用が半額(通常20,000円が10,000円に)

■「一般会員」の募集概要
・対象:当協会の目的や趣旨に賛同し、入会した個人
・入会条件:フリーランスやパラレルワーカーとして働いている方、フリーランスやパラレルキャリアを目指す方
・年会費:1万円(クレジットカードまたはデビットカード決済)
・募集時期:2017年9月1日より募集開始(7月3日よりテストマーケティング実施)
・入会方法:協会HPよりインターネットで申込み https://www.freelance-jp.org/membership
※GoogleアカウントまたはFacebookアカウントによる認証方式
・入会特典:フリーランス協会 ベネフィットプラン https://www.freelance-jp.org/benefits

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について
ワーカーによるワーカーのための非営利フリーランス支援組織。①互助の場づくり(コミュニティ形成、スキル&キャリアアップ支援)、②共助の仕組みづくり(ベネフィットプランの提供)、③公助への働きかけ(実態調査に基づく政策提言、官民連携施策)を活動の柱とし、一人ひとりが自分らしい働き方を選択できる社会を実現することを目指しています。メルマガ会員数3100名、賛助企業57社。(8月末現在)

・法人名 :一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・代表理事:平田麻莉
・設立日 :2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・所在地 :〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目8-7 4F Diagonal Run Tokyo内 *[1]
・事業内容:フリーランスの支援活動全般
・URL  :https://www.freelance-jp.org
[1]プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は、Diagonal Run Tokyoのパートナー企業となりました。https://diagonal-run.jp/

【プレスリリースファイル】
https://prtimes.jp/a/?f=d23588-8-pdf-0.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 >
  3. 9/1、一般会員募集スタート!!-年会費1万円で、福利厚生サービスや万が一の補償を、個人が得られる時代へ。