「手彫りの岩塩を通してネパールへ学校給食を届けよう!」Kodawarin で新企画スタート!

現役ノケジョ(農業系女子大生)が運営の「食の物語をまるごと味わうサイト ‒Kodawarin- 」で岩塩の売上をネパール給食支援へ

ネパールの天然産物である岩塩を購入することで、ネパール児童の学校給食を支援する新企画が、名古屋大学現役ノケジョ(農業系女子)が運営するネットサービス「食の物語をまるごと味わうサイト ‒Kodawarin- 」で開始。(URL:https://kodawar.in/rosebay-salt)当サイトを通して 2017 年 7 月末までの期間限定で商品が特別価格で販売され、購入額の一部が児童学校の給食費用に充てられます。岩塩は、ネパールのヒマラヤ山脈にて手彫り採鉱され、本企画においては、その採鉱の様子から現地の子供たちへ学校給食が配布される様子まで、その一部始終をインターネットで見届け「食を通じて物語」を楽しむことができます。

 

 

 

●ネパール支援の背景
 今回、Kodawarin のサイト(URL:https://kodawar.in/rosebay-salt)を使って学校給食の無料配布を行うのは、NPO法人日本ネパール友好推進協議会。 代表理事の鶴屋元太郎氏は、1994 年からネパールでボランティア活動を続け、数十年もの間、カガチ村の学校建設や診療所の開設などの支援を行ってきました。
  世界でも、最も経済活動の遅れている1,2を争う開発途上国ネパール。 教養による経済的自立を目指す必要があるものの、「子供は重要な労働力」という考えが未だに文化継承され、学校に行けない子供たちが大勢います。 今回の企画では、「ネパールの資源でネパールを豊かにする」を理念に、 ネパールの貴重産物である岩塩の売上を一定期間の給食無料により教養を つける子供の就学のきっかけとなることを目標としています。 

カトマンズカガチ村の学校建設(2011 年)カトマンズカガチ村の学校建設(2011 年)

NPO法人日本ネパール友好推進協議会の代表理事 鶴屋元太郎氏NPO法人日本ネパール友好推進協議会の代表理事 鶴屋元太郎氏













●ネパール手彫り岩塩(ROSEBAY 岩塩)の特徴
  • 1つ1つ手で採鉱されるため、不純物が入りにくく高純度な岩塩。機械によって山を壊さないため、環境負荷が少ない。
  • マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などの還元力の高い天然ミネラル岩塩を含み、現代人の老化の原因であると言われている酸化を防止する。
  • 異なる岩塩層から採鉱された3種の岩塩 ( ルビーソルト・コーラルソルト・ダイアモンドソルト ) がある。

『ルビーソルト』独特な風味をもち肉料理に最適『ルビーソルト』独特な風味をもち肉料理に最適

『コーラルソルト』甘みを感じる優しい味で魚料理やサラダに最適『コーラルソルト』甘みを感じる優しい味で魚料理やサラダに最適

『ダイアモンドソルト』精製塩のような苦辛さがなくどんな料理にも◎『ダイアモンドソルト』精製塩のような苦辛さがなくどんな料理にも◎










 

『プレートソルト』塩のお皿に肉や魚を乗せて『プレートソルト』塩のお皿に肉や魚を乗せて


●「食の物語をまるごと味わうサイト ‒Kodawarin- 」について

 このサイトは、名古屋大学農学部現役女子大生、いわゆる「ノケジョ」の柘植千佳が、一年以上休学して農業をはじめ とする食の現場を巡ったことをきっかけに起業したサイトです。 「食卓に感動と温もりを」をコンセプトにし、こだわりあ る食とその背景を楽しみながら食の作り手を応援するコミュニティーの場を提供します。

詳細は、Kodawarin のHPをご覧ください。(URL:https://kodawar.in/rosebay-salt

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Lawin株式会社 >
  3. 「手彫りの岩塩を通してネパールへ学校給食を届けよう!」Kodawarin で新企画スタート!