起業家支援バーチャルオフィス運営のMOOR、福岡市スタートアップカフェと提携開始

福岡の起業家・副業家・フリーランサー向け支援プラン提供開始

全国30拠点でバーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター」を展開し、起業支援を行う株式会社MOOR(ムーア、代表取締役:土本真也、本社:東京都港区 以下「当社」)は、福岡市が運営するスタートアップ支援拠点「スタートアップカフェ」との提携を2019年6月末より開始しました。「スタートアップカフェ」会員の方は、当社のバーチャルオフィスサービス「ワンストップビジネスセンター」のご利用時、特典利用が可能になりました。
【本業務提携の背景】
福岡市スタートアップカフェ( https://startupcafe.jp/ )は、創業を志す方をサポートするため福岡市が運営する、起業の準備や相談ができる空間です。様々な業種、業態の開業、創業を志す人々が集い、相談し、交流しながら、お互いを高め合う場を目指しています。
「いつか起業したい」、「具体的なアイデアがある」、「資金調達をしたい」、「仲間を探したい」、「起業後のご相談」など様々な段階でスタートアップカフェは活用されています。

また、MOORが展開するバーチャルオフィスサービス「ワンストップビジネスセンター」は、全国規模でのバーチャルオフィスサービス展開を拡充しており、延べ契約数は11,000を超えます。とりわけ、福岡市内の2拠点(天神・博多)は、2015年の初出店以降、500社近い福岡の起業家・副業家・フリーランサーに選ばれてきました。
法人登記利用が可能な住所利用、会議室利用、郵便保管・転送、電話番号のご契約・電話対応業務などを始め、各種オプションサービス(ホームページ制作サービスやオリジナルのファックス番号の取得など)により、初期投資やランニングコストに悩みがちなスタート段階のフリーランサー、副業家、スタートアップの方に向け、ローコスト・ローリスクな事業運営の支援を行っています。

本提携を通し、「スタートアップカフェ」利用者に「ワンストップビジネスセンター」が展開する創業支援の各種サービスを優待提供し、福岡の創業支援のエコシステムをさらなる強化することにより、1人でも多くの起業家輩出を目指してまいります。

「スタートアップカフェ」会員向け特典について
MOORが展開するバーチャルオフィスサービス「ワンストップビジネスセンター」の優待利用
・契約時の初期費⽤(9800 円)無料
・1ヶ月分フリーレント(利用料無料)
※条件付き。当社特割プラン適⽤者のみ https://www.1sbc.com/special/
・全国で使えるレンタル会議室、1万円分のポイントをプレゼント

【会社概要】
株式会社MOOR(https://www.moor.co.jp/ サービスサイト:https://www.1sbc.com/
2010年よりバーチャルオフィス事業に参入し、現在は事業開始から9年目。全国における拠点数、割安かつ明朗な料金体系が顧客から評価され、延べ10,000社以上の事業者に活用されています。中小企業庁より起業支援実績が認められ、「経営革新等支援機関」にも認定されました。
代表者 :代表取締役 土本 真也
所在地 :東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山
事業内容:起業家、フリーランサー向けのバーチャルオフィスおよびレンタル会議室の運営、ホームページ制作ならびにホームページ運営に関するコンサルティング、家具、インテリアの販売およびコーディネート
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワンストップビジネスセンター >
  3. 起業家支援バーチャルオフィス運営のMOOR、福岡市スタートアップカフェと提携開始