Tealium、アジア・パシフィック・ジャパン担当VP兼GMに、元マルケトANZ担当マネージングディレクター Will Griffith を任命

リアルタイムの顧客データオーケストレーションソリューションの世界的リーダーTealium、APJ担当VP兼GMに元マルケトANZ担当マネージングディレクターのWill Griffithを任命。

シドニー発 – 2019年12月10日(火):リアルタイムの顧客データオーケストレーションソリューションのリーダーであるTealium(ティーリアム)は本日、アジア・パシフィック・ジャパン(APJ)担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーに、元マルケトANZ担当マネージングディレクターの Will Griffith(ウィル・グリフィス)を任命したことを発表しました。
TealiumのCEO、Jeff Lunsford(ジェフ・ランズフォード)は次のように述べています。「Tealiumは、Willを我々エグゼクティブチームの新たなメンバーとして迎えたことで、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)業界の世界的リーダーとして、APJ地域での優位性をより強化できることを期待しています。彼の幅広いスキルと仕事への熱意、そして実績によって、成長率の高い地域における我々の地位を高めて行けると確信しています。」

Will Griffithはマーケティングテクノロジー業界で広範な経験を持ち、2012年にマーケテイングオートメーションベンダーであるEloqua社のAPAC初のオフィス開設に尽力し、ANZ、インド、ASEAN、中国、韓国での製品/サービスの拡充に努めました。

Will Griffithは次のようにコメントしています。「データ量は飛躍的に増加しつつリアルタイムに移動しており、同時に顧客はシームレスで卓越したカスタマーエクスペリエンスの提供のために、企業側により高度なデータ活用を望んでいます。」

さらに、「Tealiumは、エンタープライズ向けの非常に複雑な環境におけるデータ管理の最前線に立っているという点が、私がTealiumの入社を決めた最大の理由です。TealiumがAPJにおいてCDPのリーダーとしての地位を確立し、多くの顧客企業のリアルタイムデータを活用した優れたカスタマーエンゲージメント実現の手助けができることを楽しみにしています。」


Tealium について
Tealium(ティーリアム)は、ウェブ、モバイル、オフライン、IoTで複雑化する顧客データオーケストレーションにおいてユニバーサルなアプローチを提供し、今日のデジタルビジネスに革命を起こしています。Tealiumは、顧客データを信頼できる唯一の情報源に統合する技術と、クライアントサイドとサーバーサイドで1200以上のベンダーやテクノロジーと容易に連携できる統合エコシステムを備えています。Tealium Universal Data Hub(ユニバーサルデータハブ)はタグマネジメントとCDP、データ管理を含む包括的なソリューションで、リアルタイムに顧客データを活用して、あらゆるテクノロジー、顧客タッチポイント、チーム間でよりリッチでパーソナライズされた顧客体験の提供を可能にします。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tealium Japan >
  3. Tealium、アジア・パシフィック・ジャパン担当VP兼GMに、元マルケトANZ担当マネージングディレクター Will Griffith を任命