日本初開催!「BabyTech Award Japan 2019」授賞式&スペシャルトークショー開催のご案内

IoT/ICT技術で育児を支援する「BabyTech」プロダクトを表彰する、国内初のイベントスペシャルトークイベントには 真鍋かをりさんも登場!

6月7日(金)・8日(土)、すぐれた子育てIT商品サービスを表彰する「BabyTech Award Japan 2019」授賞式とスペシャルトークショーを新宿NSビルにて行われる「保育博2019」にて開催いたします。

報道関係各位                                             
謹啓
 日本唯一のBabyTech専門メディア「babytech.jp」を運営する株式会社パパスマイルは、この度「保育博2019実行委員会」が主催する「保育博2019」内のスペシャルコンテンツとして、2019年6月7日(金)、「BabyTech Award Japan 2019」を開催いたします。
「BabyTech(ベビーテック)」とは、IoT/ICT技術によって育児をより安全安心で、効率的なものにしてくれる商品・サービスの総称であり、近年欧米ではその市場が拡大を続けています。日本でも今後注目を浴びる分野であることは間違いありません。そこで、BabyTech市場の認知と、優れた国産商品・サービスを世に広めることを目的に、「BabyTech Award Japan」を開催させていただく運びとなりました。
6月7日(金)に開催される授賞式では、6部門の大賞受賞商品・サービスへの表彰と、プレゼンテーションを予定しております。翌6月8日(土)には、タレントの真鍋かをりさん、保育現場を中心に活躍され、静岡第一テレビで歌のお兄さんも務める「まあせんせい」こと菊地政隆さんを迎え、BabyTechをテーマとしたスペシャルトークイベントを開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、是非ともご出席賜りますようお願い申し上げます。
                                                謹白
                                                         記

2019年6月7日(金)



■2019年 6月8日(土)


※取材エリアのスペースに限りがあるため、「先着順」でのご案内となります
※ぶら下がり取材は予定しておりません。

BabyTech(ベビーテック)とは】
「ベビーテック」とは、Baby(赤ちゃん)とTech(テクノロジー)からなる造語で、妊娠から出産、産後の母親、新生児〜未就学(小学校入学前)の年齢の子どもを主軸として、育児と保育に関わる全ての人を支援するIoTデバイスやアプリケーション、Webサービスなどを指します。
2016年にCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー:世界最大級の民生用エレクトロニクス製品展示会)で新しいテクノロジーのジャンルとして紹介され、それ以来年々ベビーテックに属するプロダクトを発表する企業が国内外で増加しており、拡大を続けている市場のひとつといえます。

 

米国CESでのベビーテックイベントの様子米国CESでのベビーテックイベントの様子

 

米国家電量販店のベビーテックコーナー米国家電量販店のベビーテックコーナー


【日本におけるBabyTech普及の重要性
日本においても、女性の社会進出が進み、夫婦共働きがあたりまえの時代。また、昔のように祖父母や近隣住民の手を借りながら育児をすることも、なかなか難しい環境になりました。
BabyTechが普及すれば、育児の精神的・肉体的負担減、安全・安心のさらなる担保、家事全般の効率化を実現することができます。ITに頼れる部分はそれを活用しながら、より手をかけて子どもや家族と向き合いたい部分に注力できるようになり、子どもたちによりよい環境で成長してもらうことにもつながるはずです。
また、保育施設など複数の子どもを預かる現場では、子どもたちの安全対策、そして保育士さんたちの業務効率化も大きな課題です。午睡の姿勢確認や、登園管理、保護者との連絡、労務管理など、IT活用の需要が大きくあり、BabyTechの普及が始まっています。
 
保育博2019とは】

業界初、最大規模の保育・教育ビジネス・サービスの商談見本市。保育従事者、園経営者および購買担当者が、新製品やサービス導入の検討・商談、経営のためのヒントを得ることができます。多くの企業が出展するほか、トークショーやセミナーなども多数予定されています。


 

 

スペシャルトークイベント ゲスト】

タレント 眞鍋 かをり(まなべ・かをり)

眞鍋かをりさん眞鍋かをりさん

 

 

 

1980年5月31日愛媛県生まれ。横浜国立大学卒業。大学在学中からタレント活動を始める。バラエティに加え、報道・情報番組のコメンテーター、CMや執筆などマルチに活躍。
趣味は一人旅、チーズ、ワイン C.P.A チーズプロフェッショナルの資格を持つ。
2015年に結婚、出産。一児の母。



菊地 政隆(きくち・まさたか) 愛称:まあせんせい

菊地政隆さん菊地政隆さん

 


学校法人袋山学園 理事長・しらこばと幼稚園 園長
修紅短期大学 客員准教授・東北福祉大学 非常勤講師・日本児童教育専門学校 非常勤講師
あさか保育人材養成学校 校長・有限会社ハッピーデイ 代表取締役
静岡第一テレビげんきっず! 歌のおにいさん

1976年11月3日生まれ。淑徳大学社会学部保育士課程、聖徳大学大学院児童学研究科修士課程を経て、淑徳大学大学院総合福祉研究科博士後期課程単位取得退学。
複数の保育園にて保育士を経験したのち、実家である東京都内の社会福祉法人東京児童協会の理事をしながら数多くの保育園を開園させ、園長を10年勤め退任。
平成29年4月より埼玉県越谷市の学校法人袋山学園しらこばと幼稚園の理事長、園長に就任。平成30年度より幼保連携型認定こども園へ移行。複数の保育養成学校の客員准教授などを兼任し、全国の保育士会・幼稚園協会の実技講師として年間100本を超える講演や親子コンサートで活躍する。まあせんせいの愛称で親しまれ、TBS「情熱大陸」など多数のメディアに出演。現在は静岡第一テレビ「げんきっず!!」で歌のおにいさんとして8年間レギュラー出演している。


BabyTech Award2019概要】
<審査対象商品・サービス>
妊娠を望む方、妊娠・出産期の母親と胎児、産後期の母親、新生児、乳児、幼児(未就学児)、乳幼児の保護者および親類縁者、母親のパートナーおよび親類縁者、施設団体の保育者、施設運営者を対象としたプロダクトで、下記a,b,cに該当するもの。
  •  a. 単体稼働、スマートフォンやPC、ネットなどと連動する機器、デバイス
  •  b. スマートフォンやPCなどの各種アプリケーション
  •  c. ウェブサイト等のICT技術の活用サービス


<審査部門>
審査は6つの部門に分類して行います。
各部門、3点のファイナリストを選出。さらにファイナリストの中から、各部門1点ずつ大賞を選出いたします。


<審査基準>
  1. 課題提起と解決方法
  2. 新規性、独創性
  3. 機能性、使いやすさ
  4. 将来性

<審査委員>
審査委員長  パパスマイル代表取締役 永田哲也
審査委員学校法人 袋山学園理事長 菊地政隆
朝日新聞社 マーケティング本部 プロデューサー 鵜飼誠
子育Tech委員会 発起人 カラダノート株式会社 彦坂真依子
ココン株式会社 技術領域投資室 パートナー 林達也
babytech.jp編集長 湯本堅隆

<審査日程>
・2019年5月14日 エントリー締め切り
・2019年5月28日 受賞者発表
・2019年6月7日 授賞式開催

【会場案内】 

新宿NSビル B1階イベントホール
(東京都新宿区西新宿2丁目4番1号)
■JR線、京王線、小田急線、東京メトロ丸の内線  新宿駅 「南口」「西口」より徒歩7分
※新宿駅からは地上を通るのが最短ルートとなりますが、雨天時などはワンデーストリート(地下道)を利用すると、濡れずにダイレクトアクセスが可能です。

■都営地下鉄 新宿線・京王新線
新宿駅「新都心口」より徒歩約6分

■西武新宿線
新宿駅「新都心口」より徒歩15分

■都営地下鉄 大江戸線
都庁前駅「A3出口」より徒歩3分
※A3 出口閉鎖時はA2出口をご利用ください。

【参考URL】
BabyTech
https://babytech.jp/

【取材について】
取材のお申込みは会員メディア様用に添付いたしました、ご案内状PDF最終ページにございますお申込み書にご記入の上、FAXまたはメールにてご送付ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パパスマイル >
  3. 日本初開催!「BabyTech Award Japan 2019」授賞式&スペシャルトークショー開催のご案内