exiiiが指先の位置追跡と掌への力覚を組み合わせた新たな触覚提示ソリューションを発表

手袋型や光学式を採用した他社の既存ハンドトラッキングツールとの組み合わせに対応

exiii株式会社(社長: 山浦博志 以下「exiii」)はEXOS Wrist DK2をベースに、指先の位置追跡と掌への力触覚フィードバックを組み合わせた、新たな触覚提示ソリューション「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の提供を開始致します。

 

EXOS Wrist Hand Tracking Editionの提供を開始
 


2018年10月に販売を開始したEXOS Wrist DK2は、簡易的な触覚体験の導入を目的とし、Oculus TouchやVive Controllerといった既存のハンドコントローラーとの併用を前提としたデザインでした。本ソリューションでは、発売以降重ねたユーザーヒアリングの中で、特に要望の多かった指先の位置追跡(ハンドトラッキング)を併用することで、自分の手の感覚に近いより自然なインタラクションが可能となりました。

ハンドトラッキングは、手袋型や光学式を採用した既存の他社技術との組み合わせにより実現しています。
 

 

 

また本発表と同時にリリースするEXOS Unity SDK v1.1.0においても、アルゴリズムのアップデートにより触覚体験を大幅に安定化・改善しています。

exiii株式会社のCEOであり共同創業者である⼭浦博志は「EXOS Wrist DK2の販売以来様々な検証を進めてまいりました。弊社が特に注力している製造業においては、設計中の製品と人間の関係をなるべく早い段階で検証する事が求められており、そのためには人間の手の姿勢を様々に変化させた状態で3Dデータに触れる必要があることが分かりました。例えば人差し指を伸ばしてボタンを押す、各指を開いて掌でレバーを倒す、といった動きです。そうしたニーズを持たれているお客様にぜひ試していただきたいと考えております。」と述べています。
 


ハンドトラッキングを組み合わせたEXOSの最新デモを常時受け付け致します。ご希望の方は以下のページから必要事項をご記入の上お申し込み下さい。


株式会社アスクにてEXOS Wrist DK2の取扱を開始

本発表と併せて、株式会社アスクによるEXOS Wrist DK2の取扱開始を発表致します。これまでのexiiiウェブサイトからの直販に加えて、販売チャンネルを拡大することで、より多くの皆様にEXOSを体験して頂けるようになりました。詳細は以下のページからご確認下さい。
なお、リリース内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

exiii株式会社
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. exiii株式会社 >
  3. exiiiが指先の位置追跡と掌への力覚を組み合わせた新たな触覚提示ソリューションを発表