AIスタートアップ「GAUSS」、企業においてAIを活用した経営課題解決の実証実験レポーティングサービス提供開始

株式会社GAUSS(本社:東京都渋谷区、以下「GAUSS」)は、2018年5月より実証実験レポーティングサービスを開始いたします。約1〜2ヶ月程度の短期間に、企業固有の経営課題やデータ保有状況を踏まえた人工知能(AI)活用方法を提案、プロト版アルゴリズムを開発して導入効果と実現可能性等を含めた実証研究レポートを提供することで、企業のAI導入検討を支援します。


[実証研究レポーティングサービス概要]
AI開発に着手する前に実証研究を行い、レポートにまとめ報告させていただきます。導入決定の際には、開発・運用に至るまで一気通貫でサポートします。
・レポート内容:AI活用提案、プロト版アルゴリズム開発、費用・効果試算など
・期間:1〜2ヶ月間
・費用:120万円〜(初回打合せで応相談)

[自社開発AIエンジン]
GAUSSは、自社開発した3分野のAIエンジンを応用して、AIの実証研究を「短期間」かつ「低価格」で提供しています。


①予測エンジン:Galileo(ガリレオ)
時系列、データ分類、ベイズ推定、強化学習などを用いたデータ解析による予測
導入事例:電力事業社の電力需要予測の開発、競馬予測AI・競輪予測AIの開発・運営

②自然言語エンジン:Goeth(ゲーテ)
形態素解析、チャットボットなどを用いた自然言語解析
導入事例:大手コールセンター数社と業務効率化AIの共同開発

③画像認識エンジン:Gogh(ゴッホ)
深層学習、局所特徴量によるベククトル化、教師無しデータによるクラスタリングを用いた画像解析
導入事例:ファッションEC販売業務の商品登録業務の効率化AIの共同開発

(弊社独自の分析ツールデモ動画:AIによるエンジニアスキルのクラスタリング例)
貴社の保有するデータをインプットすると、クラスタリング分析を即時に実行できます。

 

[背景]

昨今、様々な業界において、人工知能(AI)技術を活用して、これまで人が行なっていた業務を代替できるよう実用化されるようになりました。しかし、自社への導入を検討した際に、「自社の業務において、どのようにAI技術が活用できるか」がわからないと、弊社にご相談いただく機会を多数いただきました。

また、AI開発は、一般的なシステム開発と異なり、導入企業における業務プロセスやデータの保有状況などにより実現可能性や効果が不透明なので、相談をいただいた場で直ぐ回答するのは困難です。また、効果が不透明な中で期待感を煽り多額の金額を抱いて受注することは、誠実ではないと考えています。

このような背景の中、GAUSSは、お客様となる企業が抱くAIに対する期待値と実際の効果のギャップを埋め、お客様と共に価値のあるAI開発を提供することを目指して、独自開発した分析ツール(下記デモ動画あり)を用いた実証研究レポーティングサービスの提供を開始します。

[GAUSS 支援実績]
上場企業をはじめとした様々な業界の企業に対して、AIの共同開発、実証研究レポーティングサービス、コンサルティング、研修などを提供しています。


[主なメディア掲載]
・TBSラジオ「AI共存ラジオ」金曜日レギュラー出演 (17年10月~18年3月)
・フジテレビ 「ホンマでっか!?TV」でSIVA紹介 (18年1月10日)
・人工知能メディア「AINOW」でGAUSS紹介 (17年11月21日)
・Yahoo!ニュース「ITmediaエンタープライズ」でSIVA紹介 (18年5月11日)


[GAUSS会社概要]
GAUSSは、AIパッケージ販売・受託開発および競馬予想AIの開発・運営をしています。「想像したことを創造する」を理念に、AI技術研究に留まらず、自社もAI事業を営む実行力を強みとして、全業界の法人様向けに新規事業の創出や業務の効率化などの経営課題を解決する支援をします。

(会社情報)
設立 :2017年5月
本社 :東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新太宗ビル3号館 5階
従業員数:25名(インターン含む)
技術顧問:各AI領域に強みを持つ国立大学、私立大学の教授など多数
資本金:1億7,099万円 (資本準備金含む)
会社ホームページ:http://gauss-ai.jp/
AI競馬SIVAサイト:http://siva-ai.com/
会社問合先:info@gauss-ai.jp
問合せ担当:取締役 関塚 正平
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GAUSS >
  3. AIスタートアップ「GAUSS」、企業においてAIを活用した経営課題解決の実証実験レポーティングサービス提供開始