東大発サイバーセキュリティスタートアップのFlattが藤田ファンド、ディノス・セシール、名村卓氏より2億円強の資金調達を実施しました。

サイバーセキュリティ事業を展開する株式会社Flatt(本社:東京都文京区、代表取締役社長:井手康貴)は、この度新たに株式会社サイバーエージェント(東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋)及び株式会社ディノス・セシール(東京都中野区、代表取締役:石川順一)及び株式会社メルカリCTO名村卓氏を引受先とする第三者割当増資による約2.2億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。また、名村氏が技術顧問に就任したこともお知らせいたします。


■Flattについて

株式会社Flattはサイバーセキュリティ事業を展開する東大発スタートアップ企業で、Webアプリケーションなどをホワイトハッカーが攻撃・診断する脆弱性診断事業の展開と新規セキュリティプロダクトの開発を行なっております。この度一層プロダクト開発や人・R&Dへの投資を加速させるべく資金調達を実施いたしました。


■第三者割当増資と名村氏の技術顧問就任について

株式会社Flattは、株式会社サイバーエージェント及び株式会社ディノス・セシール及び株式会社メルカリCTO名村卓氏を引受先とする第三者割当増資により約2.2億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。詳細な金額や個別の金額、払込日に関しては非公開とさせていただきます。

また、技術・組織面でのサポートをいただくべく名村氏が技術顧問に就任いたしました。

以下、今回株主に加わっていただいた皆様よりのコメントとなります。


■株式会社サイバーエージェント 代表取締役 藤田晋氏
 


この度若手経営者を応援させて頂く目的で藤田ファンドから投資させて頂きました。代表の井手さんは若く優秀である上、井手さん率いるFlatt社は高い技術力を有しており、企業が抱えるセキュリティ課題に応えるスタートアップであると期待して応援させて頂きました。


■株式会社ディノス・セシール 常務取締役・経営企画担当 河島清志氏

当社は通信販売事業者として「個人情報保護」を経営上の最重要課題の一つとして認識しており、様々なサイバーセキュリティへの継続的な取り組みを実施しています。今回Flatt社をサポートさせていただくことは、こうした自社領域にとどまらず、通販業界全体が抱えるセキュリティ上の課題解決、さらには世界的レベルでのサイバーセキュリティの発展にも貢献できると高く期待し、大変有意義なものであると考えております。


■株式会社メルカリCTO 名村卓氏
 


インターネット上でのサービスが発展する一方で、サービスを脅かすことへの驚異は異常なスピードで増え、かつ高度化しています。セキュリティはもはや、如何なる会社にとっても手を抜くことのできない重要な要素となっています。Flattのような若く優秀なエンジニア集団であれば、きっとこんな世界の救世主になるようなサービスを生み出すことができるだろうと確信し、今回協力をさせていただくことになりました。


◼︎調達資金の用途および今後の展開

今回調達した資金でプロダクト開発・マーケティングをさらに加速させるだけでなく、セキュリティ業界を技術的にリードできるような人・R&Dへの投資も両輪で積極的に行なっていく方針です。

現在クローズドβ版で検証中のプロダクトの詳細に関しては後日公開予定です。
 



■会社情報

株式会社Flattは「テクノロジーによるライフスタイルの変革」をビジョンに2017年5月に設立されました。以前運営していたECサービスの事業譲渡後、現在はサイバーセキュリティサービスを展開しています。

 


社名:株式会社Flatt
代表取締役社長:井手康貴
所在地:東京都文京区2丁目27番17号 ICNビル2階B
設立:2017年5月23日
ウェブサイト: https://flatt.tech
事業内容:サイバーセキュリティ関連サービス
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Flatt >
  3. 東大発サイバーセキュリティスタートアップのFlattが藤田ファンド、ディノス・セシール、名村卓氏より2億円強の資金調達を実施しました。