ハエで世界の食糧危機解消を目指すムスカ

「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」で初代グランプリを受賞!

株式会社ムスカ(東京都中央区、代表取締役暫定CEO 流郷綾乃、以下ムスカ)は、株式会社電通(東京都港区、社長:山本 敏博、以下電通)が運営するベンチャー企業のアクセラレーションプログラム「GRASSHOPPER」において、2019年3月27日(水)に開催された「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」で、第1期採択企業11社の中からグランプリを受賞しました。

 

「GRASSHOPPER」は、若き経営者や、クリエイティブな事業アイデアを持つ人たちが、プレゼンテーション&カンファレンスを行うアクセラレーションイベントで、今回が第1回目となります。本イベントは、ムスカを含む計11社によるピッチコンテスト。2019年3月27日(水)に開催された「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」で審査員による審議の結果、ムスカがグランプリを受賞しました。​

 ムスカは今後も、45年間1,100世代以上にわたる選別交配を重ねたイエバエによる『畜産糞尿や生ゴミ等の有機廃棄物を1週間で肥料や飼料に変換する100%バイオマスリサイクルシステム』を用いて、世界の食糧危機の解消、地球の抱える環境問題の解決を目指してまいります。

弊社代表取締役暫定CEO 流郷のコメント

株式会社ムスカ 流郷綾乃株式会社ムスカ 流郷綾乃

 

3月27日(水) に開催された「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」(@電通ホール) にて、初代グランプリを受賞いたしました。電通主催のピッチコンテスト、そしてムスカとして国内最後のピッチコンテストで優勝することができ、大変光栄です。

今後は、起業当初から掲げる「世界の食糧危機を救う」ビジョンを達成するため、より強固な組織作りに注力してまいります。引き続き、皆さまのご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRINGについ


アクセラレーションプログラム「GRASSHOPPER」は、電通と多彩な分野から集ったメンター陣がスタートアップをクリエーティブ面から支援します。
公式サイト: https://grasshopper.tokyo/grasshopperday/


■ ムスカのバイオマスリサイクルシステムについて

  1. バイオマス処理
 従来のバイオマス利活用手段と比べ、環境への負荷がはるかに少なく、しかも経済性にも優れた、持続的なバイオマス処理を可能にしました。
 
  1. 高性能な飼料(エサ)
 バイオマスリサイクルの過程で、従来の資料と比較して、より早く、より大きく、より病気に強い成長をサポートする資料(エサ)の生産を可能にしました。
 
  1. 高性能な有機肥料の生産
 バイオマスリサイクルの過程で、従来の肥料と比較して、よりおいしく、より健全に、より多くの農作物の生産をサポートする有機肥料の生産を可能にしました。


【会社概要】
会社名:株式会社ムスカ(MUSCA Inc.)
所在地:東京都中央区日本橋本町3-8-3東硝ビル8F(東京事業所)
    福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目12番17号(福岡事業所)
    宮崎県児湯郡都農町川北7650-1(宮崎ラボ)
代表者: 代表取締役暫定CEO 流郷 綾乃(りゅうごう あやの)
URL:https://musca.info/
事業内容:昆虫技術の研究及び、それを用いたバイオマス処理プラントを中核とした、バイオマスリサイクルシステムの販売
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MUSCA Inc. >
  3. ハエで世界の食糧危機解消を目指すムスカ