これぞ究極の仕事部屋!?工務店が得意を生かして作った、移動できるおひとり様用ワークルーム「OHACO(オハコ)」。

累計300件の施工実績をもつ大阪の工務店が「得意」を生かしてつくった、テレワーク時代の移動できる仕事部屋が誕生。遮音性があるため、まわりの声や音にジャマされることなく快適にシゴトに集中できます。

店舗の設計・施工、デザインを手掛ける株式会社津田工務店(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:津田直樹)はこのたび、移動できるおひとり様用ワークルーム「OHACO(オハコ)」の販売を開始いたしました。

オフィスでのオンラインミーティング、まわりの声や音がうるさくて集中できない・・。そんな経験はありませんか?

「OHACO(オハコ)」は累計300件の施工実績をもつ大阪の工務店が自分たちの「得意」を生かしてつくった、まさに工務店の「十八番(オハコ)」ともいえる、おひとり様用の移動できるワークルーム。

遮音性があるため、まわりの声や音にジャマされることなく、快適にシゴトに集中できます。

 

 

「OHACO(オハコ)」の基本設備・付属品はこちら。

「OHACO(オハコ)」のサイズは、幅100×奥行180cm(幅は120cmまでカスタマイズ可能)。せますぎると窮屈だし、広すぎると落ち着かない。快適に集中してシゴトをするための「ちょうどいいサイズ」にこだわって設計しました。

キャスター付きだから移動もOK。オフィスやお部屋のレイアウトを変更したい、なんていうときも、「OHACO(オハコ)」なら安心です。

また「OHACO(オハコ)」はたとえば、棚を付けたいとか、テーブルやドアの色を変えたいといったカスタマイズも可能。そんなところも工務店の「十八番(オハコ)」たる所以(ゆえん)です。

もともと知人の会社から依頼を受けて制作した「OHACO(オハコ)」ですが、在宅勤務をされている従業員向けに会社が支給し、従業員の自宅にテレワークルームとして設置する、なんていう使い方もできます。
※「OHACO(オハコ)」は、小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の補助対象となります。

まわりの声や音にジャマされることなく、快適にシゴトに集中できる、移動できるおひとり様用ワークブース「OHACO(オハコ)」。

わたしたちはこれからも、工務店としての「得意」を生かしながら、時代のニーズに寄り添ったライフスタイルを提案してまいります。


※椅子やデスクライトはオプションとなります。


<参考URL>

おひとり様用ワークルーム OHACO(オハコ)
https://tcco-ohaco.com/

株式会社津田工務店
http://www.tsuda-cco.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社津田工務店 >
  3. これぞ究極の仕事部屋!?工務店が得意を生かして作った、移動できるおひとり様用ワークルーム「OHACO(オハコ)」。