【CDLEハッカソン】GPU EATERとA.L.I. Technologiesが共同で計算資源を提供

2019年8月31日(土)から開催される日本ディープラーニング協会主催の「CDLE ハッカソン」に、米国スタートアップPegara, Inc.(本社:米国デラウェア州、創業者兼CEO:市原 俊亮)の子会社ペガラジャパン合同会社(本社:千葉県浦安市、代表執行社員:市原 俊亮)と株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野 大輔)は共同で、当該イベントにて使用されるGPU搭載サーバを提供いたします。今回提供するのは、米国Advanced Micro Devices, Inc.(以下、「AMD」)社製のGPU、 AMD Radeon™ VIIを予定しており、同GPUが大規模ハッカソンイベントに使用されることは世界的にも殆ど例がありません。

ディープラーニング知識の実践的活用の場へ
同イベントは、日本の産業競争力の向上を目指して設立された日本ディープラーニング協会の認定資格試験であるG検定/E資格の合格者向けのものです。G検定はディープラーニングに関する知識を事業へ応用する能力を持つ人材であること、E資格はディープラーニングを実装する技術を持つ人材であることを認定する試験で、本イベントではそれらの資格を保有する方々が知識を実践的に活用する場としての機能が期待されています。
また、審査員やメンターには、日本を代表するディープラーニング事業を主軸にした企業の経営陣や研究者が揃い、優勝者は本年10月に開催される日経xTECH EXPO(クロステック・エキスポ)2019にて表彰される予定となっております。

AMD社製GPU Radeon™を提供予定
開催中は、GPUクラウドサービス「GPU EATER」の販売・サポートを主軸事業とし、日本ディープラーニング協会の正会員でもあるペガラジャパン合同会社と、GPUによる演算力シェアリングプラットフォームを展開する株式会社A.L.I. Technologiesが共同スポンサーとして、同イベントで利用される計算リソースとなるGPUをクラウド上で提供し参加者の開発を支援して参ります。
提供する予定のAMD社製GPU Radeon™ VII は、ディープラーニングの学習や推論に適しているだけでなく、圧倒的なコストパフォーマンスの良さから近年注目を集めており、GPU EATERもAMD社製GPUを使用した低コスト高パフォーマンスのGPUクラウドサービスを提供しています。1ヶ月に渡るイベントでは、ディープラーニング活用時におけるAMD社製GPUの有用性を多くの方に知っていただく貴重な機会にもなると考えられます。

■開催概要
主 催:(社)日本ディープラーニング協会
運 営:JDLA産業活用促進委員会
概 略:G検定/ E資格の知識を活用したデータ活用アイデア創出およびAIモデル開発
場 所:8/31 (土) キックオフ 株式会社GAUSS(渋谷)
          9/28 (土) 最終報告会 株式会社FiNC Technologies(有楽町)

■応募方法
応募条件:G検定/E資格合格者、計2回の集合日に参加可能な方
募集方法:下記公式HPにあるフォームから必要事項を入力し応募してください
提出締切:2019年7月31日(水)
大会HP:https://www.jdla.org/comm/ba/hackathon/

■Pegara, Inc. 会社概要
会社名: Pegara, Inc.
所在地: 4000 Barranca parkway, suite 250, Irvine, CA 92604 U.S.
創業者: CEO 市原 俊亮、CTO 中塚 晶仁
設立: 2015年9月21日
事業内容: ディープラーニングの研究開発、GPU EATERエンジンの開発
URL: http://www.pegara.com/

■ペガラジャパン合同会社 会社概要
会社名: ペガラジャパン合同会社
所在地: 千葉県浦安市海楽2-32-11
代表社員: 市原 俊亮
設立: 2017年12月1日
事業内容: 日本国内におけるPegara, Inc.社製品の販売、サポート、セミナー、コンサルテーション
URL: http://jp.pegara.com/

■株式会社A.L.I.Technologies 会社概要
会社名:株式会社A.L.I.Technologies(英文表記:A.L.I. Technologies Inc.)
所在地:東京都港区芝公園3丁目1番8号 芝公園アネックス6階
代表者:代表取締役社長 片野 大輔
設立日:2016年9月
事業概要:UAV(無人小型飛行体)に関する研究及び開発、UAVの販売及び販売促進活動、有人飛行体に関する研究及び開発、テクノロジー事業のコンサルティング業務、ブロックチェーンの開発及び運用、コンピューティングマシンの研究及び開発
URL:https://ali.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ペガラジャパン合同会社 >
  3. 【CDLEハッカソン】GPU EATERとA.L.I. Technologiesが共同で計算資源を提供