VUILDが資金調達を実施し、累計調達額は約4億円に

更なるシステム開発と大型のデジタル建築工場の開設を進め、住宅・建築領域にも本格参入

VUILD株式会社(ヴィルド、以下VUILD)は、電源開発株式会社(以下、Jパワー)やMistletoe Japan合同会社を始め、個人投資家などから今回新たに資金調達を実施し、累計の調達総額はこれまでご出資いただいた株式会社LIFULLおよび株式会社ルートワン・パワーと合わせ、約4億円となりました。

2017年秋に創業したVUILDは、高度に専門分化している建築産業を、デジタルテクノロジーを活用することで民主化し、生活に必要な家具や建築物などを誰もが自分の力で作ることが出来る世界の実現を目指しています。


創業以来、多様な加工ができる米国製3D木材加工機「ShopBot」の国内代理店として、国内におけるデジタルファブリケーションの浸透を図るため、全国50箇所以上に販売し普及を進めてきました。

また、地域森林資源とデジタルファブリケーションを活用し富山県南砺市利賀村に建築した現代版合掌造り住居「まれびとの家」から始まった建築領域での実践は、東京学芸大学小金井キャンパス内に建設を計画している大型施設にまで、その対象規模を押し広げてきました。

さらに、家具をカスタマイズしてオーダーできるプラットフォームとして昨年春に提供を開始したEMARF(エマーフ)(※)は進化を重ね、今後リリースを予定している最新バージョンでは、全てのCAD(コンピューターによる設計支援ツール)と全てのデジタル加工機をつなぎ、プロの設計者が作図した形状を、クラウドでデータを入稿するこで出力することができるプラットフォームツールとなるべく開発を進めています。

VUILDでは、今回調達した資金を活用し、EMARFなどのシステム開発を進め、家具の領域で変革させてきたことを建築の領域にまで発展させ、誰もがものづくりの領域に携わり自分の力で作ることが出来る世界を実現していきます。

※ EMARFとは
建築物を構成する建具・内装・家具・造作・構造部品などの木製パーツを対象に、お手持ちのCAD(3D/2D)の設計データを、工作機械で実際に製造可能な状態にダイレクトに変換し、実際の製造の依頼まで行うことができるサービスです。デザインはできても実際には作るのが難しい/作るには時間やコストがかかりすぎる、といった障壁を取り除き、製造設備や製造知識を持っていない方でも、CADの設計データさえあれば、デザインしたものを容易に出力することができるようになります。
https://emarf.co/

▼代表者メッセージ
VUILD株式会社 代表取締役 秋吉浩気

個人の「ものづくりの自律性」を高めるために、これまで身の周りの家具を対象に、独自開発のデジタル設計ツール『EMARF』とデジタル加工機械『ShopBot』の提供を行ってきました。この背景には、今の私たちの暮らしは誰かに「住まわされて」いるのではないかという問いがあります。
生き生きと自分らしく「住まう」ためには、自らの意思で空間を「つくる」ことが大切であると考えています。また、英語の住む(live)とつくる(build)の語源が同一であるように、住まいを自分自身の手で「生きた環境」としてつくり続けることこそが、真に「生きる」ことであると信じています。しかしながら、現状の住宅や都市は大量生産の論理で配給されたものに過ぎず、住まい手の主体性を喚起するものではありません。
今回の資金調達を機に、大型のデジタル建築工場の開設と建築版EMARFの公開を行うことで、住宅・建築領域の民主化に着手します。そのためには、私たち1社が孤軍奮闘するのではなく、出資頂いているビジョンパートナーの皆様との協業によって面的に事業を展開することで、建築産業の変革を目指したいと考えております。

▼出資者コメント
Jパワー 経営企画部 課長代理 井手一久様

Jパワーは、約70年にわたり低廉かつ安定した電力を供給するとともに全国で基幹送電線の建設・運用を行い、わが国の経済発展と国民生活の向上に貢献してきました。エネルギーを取り巻く事業環境の変化を捉え、最新技術の導入や新たな事業領域への挑戦など創意工夫を重ね、グローバルに成長を続けていきます。
今回出資を通じて、デジタルテクノロジーを活用して建築業界の変革に挑戦し、持続可能な国内森林資源の活用にも取組むVUILDとともに、自律分散型インフラ事業の創出、ならびにインフラ事業の枠を超えた新しい事業創出に積極的に取組んでいきます。

Mistletoe Japan合同会社 ファウンダー 孫泰蔵様

高度に発達した科学と工業を背景とした「産業の世紀」であった20世紀から現在まで連綿と続いてきたパラダイムを象徴するもの ― それは細分化された個々の職業に個々人が専門的に従事する「社会的分業」でした。それは私たちの働き方だけでなく、暮らし方や住まい方、時間の使い方、そして都市のあり方をも規定する強固な規範となっています。しかし、その規範は既に時代遅れとなり、ただちに見直されなければならないものとなりつつあります。
分業がもつ「部分最適」しか考えないある種の「無責任さ」が無秩序な開発を惹起し、気候変動のような人間の生存圏を脅かす大問題を誘発し、人々の生存能力や社会基盤は、職能が細分化されすぎたことによって地震や水害、疫病のような自然災害に対して非常に弱くなってしまったということが露呈しました。つまり、高度に分業が発達した複雑な社会がはらむ脆弱性に私たちはいま苦しんでいるのです。
だからこそ、私たちはいま社会的分業のあり方を見直し、自分たちで自律分散的かつ豊かに生きていける社会へとパラダイムをリデザインをする必要があります。VUILDが取り組もうとしていること、すなわち「デジタル・ファブリケーションによるものづくりの民主化」は、その意味で、私たちが生きる力を取り戻すための取り組みにほかならず、それが私およびコレクティブ・インパクト・コミュニティであるMistletoeがVUILDをサポートする最大にして唯一の理由です。


株式会社LIFULL 代表取締役社長 井上高志様

創業直後の2018年に出資して以降、LIFULLが運営するDIY工房「LIFULL Fab」へのShopBot導入や技術支援といった協業を進めてきました。VUILDが保有する高い技術力を活かした革新的な取り組みにより、VUILDが目指す住宅・建築領域の民主化や自律分散型社会の実現が達成されることを期待しています。

株式会社ルートワン・パワー 代表取締役 服部義一様

秋吉さん率いるVUILDはアナログ(自然)とデジタル(IT)を組み合わせた稀有なスタートアップ企業です。私たちルートワン・パワーは新しい社会変化や問題に挑戦し、且つNo. 1を目指す企業に「ヒトモノカネ&情報」で支援するという使命を持っていますのでアーリーステージより資本参加させて頂きました。今後さらにパワーアップするVUILDの可能性に共にワクワクしています。

中村真広様(株式会社ツクルバ 代表取締役 CCO)

私自身も建築出身者ゆえの課題感から、職・住領域における産業の変革に取り組んできました。VUILDのアプローチには、建築・都市の新しいデザイン手法にとどまらない産業変革の希望を感じています。VUILDが描く未来にて、自分の暮らしを自分で作る「真の生活者」が一人でも増えますように。

【VUILD株式会社(https://vuild.co.jp/)】
代表者:秋吉浩気(代表取締役)
創業:2017年11月21日
本社:神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A
事業内容:建築設計、木製品開発及び製造、CNCルーターの販売、デジタル人材育成、事業開発支援、ITサービス開発
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VUILD株式会社 >
  3. VUILDが資金調達を実施し、累計調達額は約4億円に