不動産・戸建住宅のサーティーフォーによる合同職域接種の開始について

~グループ企業、お取引先とそのご家族、当社お客様も対象~

株式会社サーティーフォー(本社:神奈川県相模原市/代表取締役社長 唐橋 和男)は、新型コロナウイルスワクチンの合同職域接種を実施する方針を決定いたしました。対象者は弊社全グループの従業員とその家族の他、グループ外企業の従業員とその家族、弊社のお客様(※1)で、6月18日時点で約1,500人のお申込みをいただいております。


▪実施背景
職域接種については主に大企業が取り組みを発表しており、多くの中小企業は規定の最低人数に及ばず実施が困難な状況にあります。こうした中、弊社では協力事業者の従業員や相模原商工会議所不動産部会の方、取引金融機関の行員、そしてそのご家族に向け接種希望者を募り、接種環境を提供することといたしました。この取り組みにより、職域接種を自社で行うことが難しい規模の企業が集まり接種することで、地域のワクチン接種率の向上に貢献したいと考えています。
なお、ワクチン接種は強制されるものではなく、事前に接種希望の有無を確認したうえで対応しています。
また、弊社の従業員については、ワクチンの副反応により休養が必要な場合は、最大2日間の特別有給休暇を付与します。

▪概要
【開始日】2021年7月中旬~下旬(予定)
【場所】株式会社サーティーフォー 本社ビル 1階 神奈川県相模原市緑区橋本1-14-3
【協力医療機関】UrDoc International Clinic
【接種予定人数】約1,500人
【ワクチン】政府より配布されるモデルナ社製ワクチン

▪株式会社サーティーフォーについて
1992年創業。神奈川県相模原市に本社を置き、総合不動産・戸建住宅を中心に、飲食業やタクシー事業などを展開しています。サーティーフォー相模原球場、サーティーフォー保土ヶ谷球場のネーミングライツ取得を始め、地域密着型のフィランソロフィー活動や地域医療機関の支援を目的とした寄付金事業の取りまとめなど、地域に根差した企業として社会貢献活動を行っています。
また、市内外の不動産事業者約280社とパートナーシップを締結し、地域の同業他社の皆様と共生して事業を行う環境を整備しています。

▪UrDoc International Clinicについて
株式会社サーティーフォーの提携医療機関です。当社の産業医としても長年に渡り協力関係を構築しています。

今後もサーティーフォーは、従業員が安心して働ける職場環境を整備するとともに、新型コロナウイルス感染症の早期収束に貢献できるよう取り組んでまいります。

 ________________
※1 接種環境の都合により、過去5年間に弊社で住宅を建てられたお客様へのご案内に限らせていただいております

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サーティーフォー >
  3. 不動産・戸建住宅のサーティーフォーによる合同職域接種の開始について