『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』とTeachme Bizがコラボレーション ドロンボー一味のメカの操作マニュアルをカンタンビジュアル化

~1月14日(火)よりドロンボー一味登場篇を放映開始~

国内外の約 2,600 社が有償利用するビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」(ティーチミー・ビズ)を提供する株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木悟史、以下「スタディスト」)は、1977年から放送された人気アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンボー一味をキャラクターに起用した新CMを2020年1月14日(火)から放映開始しました。

 

CM公開中: https://biz.teachme.jp/

文字だらけのマニュアルでは必要な作業の手順がわからない・・・マニュアルが整備されていないことで事故やトラブルにつながるケースは少なくありません。そんなビジネスシーンにおけるマニュアルの “あるある”を『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のドロンボー一味がご紹介します。


■キャラクター紹介


部下に厳しい容姿端麗な女性ボスのドロンジョ(写真中央)、メカの設計開発を担当するボヤッキー(写真左)、力自慢でメカ開発の補佐を務めるトンズラー(写真右)の悪党3人組の名は「ドロンボー一味」。インチキ商売をして稼いだお金でメカを開発しています。3人の悪巧みを察知し、阻止しようとする正義の味方ヤッターマンと自分たちで開発したメカで戦います。

テレビCMストーリー


いつもの通り、ドロンジョ様から攻撃するよう指示を受けたボヤッキー。
 


マニュアルでメカの操作方法を確認しますが、分厚い紙のマニュアルは文字だらけでわかりづらくなかなか見つかりません。
 


ドロンジョ様から叱責を受け焦るボヤッキーは、操作方法がわからないまま「多分これ!ポチッとな」とボタンを押してみたところ、メカは大爆発。
 


Teachme Bizなら、メカの操作マニュアルも簡単にビジュアル化できるから、もう文字だらけの紙のマニュアルは必要ありません。

CMギャラリー
ドロンボー登場篇: https://biz.teachme.jp/
新CMは、テレビやタクシー広告等で放映します。

Teachme Bizについて
クラウド型のビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」は、企業の標準作業手順書の作成、管理を効率化することで、生産性を大きく向上させるソリューションです。手順書の作成時間を大幅に削減するだけでなく、人材育成効率化や顧客満足度の向上など、様々な成果が報告されています。2020年1月現在、約2,600社が有償利用しています。利用料金は1社あたり月額50,000円(税抜)から。
https://biz.teachme.jp/
※SOPとは:標準作業手順書(Standard Operating Procedures)

■株式会社スタディスト 会社概要
所在地:東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9階
設立:2010年3月19日
資本金: 6億7,474万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 鈴木悟史
事業内容: ビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」の開発、販売
ウェブサイト: https://studist.jp/

「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションのもと、クラウド型ビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」を開発、販売。企業における情報伝達ロスをなくし、「知る、考える、創り出す喜びにあふれた、知的活力みなぎる社会をつくる」というビジョンを掲げるスタートアップ。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタディスト >
  3. 『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』とTeachme Bizがコラボレーション ドロンボー一味のメカの操作マニュアルをカンタンビジュアル化