ナレッジ共有ツール「Qast」を運営するanyがグローバル・ブレイン、GazelleCapitalから6,500万円の資金調達を実施

~社内のナレッジ共有ツール「Qast」、導入社数は1,000社を突破~

社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」(https://qast.jp/)を運営するany株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田 和史)は4月2日、グローバル・ブレイン、GazelleCapitalから第三者割当増資による総額6,500万円の資金調達を実施したことをお知らせ致します。

(※左から2番目:グローバル・ブレイン 代表取締役 百合本安彦氏、中央:any株式会社 代表取締役 吉田和史、右から2番目:Gazelle Capital 代表取締役 石橋孝太郎氏)

【資金調達の概要】
今回の調達ラウンドはプレシリーズAラウンドでの投資となり、リード投資家はグローバル・ブレインが務めます。Gazelle Capitalは2018年6月に投資を実行したシードラウンドからのフォロー投資となります。

この度調達した資金は、「Qast」のプロダクト開発と人材採用、マーケティング費用に充てさせていただきます。
Qastをより多くの方に認知・ご活用いただき、社内の情報共有に関する課題を本質的に解決できるよう努めて参ります。


【引受先からのコメント】
■グローバル・ブレイン 代表取締役社長 百合本 安彦氏
グローバル・ブレインは、社内ナレッジの情報共有に関する長年の課題/市場ニーズを本質的に解決することができるサービス、優秀な創業メンバーを評価し、出資を決定いたしました。 本出資を通じて、「Qast」サービスを運営するanyの体制強化、及び事業拡大に向けた様々な支援を行ってまいります。

■Gazelle Capital 代表取締役 石橋 孝太郎氏
吉田さんとの出会いは、2018年11月の頃で私が前職を退職して間もない頃でした。
その頃からずっと吉田さんの人柄、志、何よりその実直にやりきり続ける姿勢に魅力を感じ、1度目は2019年6月のGazelle Capital組成直後に投資させて頂きました。
そこから変わらず誠実に顧客に向き合い、成果を伸ばし続けている吉田さんに強く期待をし、今回も追加投資を決めさせていただきました。


【Qastについて】https://qast.jp/
Q&AとWikiで社内のナレッジを一箇所に蓄積し、いつでも検索できるようにするための情報共有ツールです。
リリースから1年9ヶ月の現在、大手企業を中心に導入が増えており、導入企業数は1,000社を突破しました。
 


Qastは、以下のような課題を解決します。
「社内で何度も同じ質問が発生。毎回同じ説明をしていて非効率…」
「ノウハウやナレッジが属人化しており、社内に蓄積されていない」
「チャットツールで重要な情報が流れてしまい、必要な時に探せない」
「既存の情報共有システムが使いづらく、うまく活用されていない」

シンプルで使いやすいUIと投稿数に応じて付与されるスコア機能を特徴としており、Slack等のチャットツールと連携することによって、常に最新の情報を取得することが可能です。

Qastの利用シーンは、例えばテレワーク中に誰に聞くべきかわからない質問を投稿したり、web会議の議事録を共有、何度も発生するタスクのマニュアル化、全社的な掲示板等の用途でご利用いただけます。
Qastは、30日間無料でのトライアル利用が可能です。

下記よりトライアルアカウントを発行いただけます。
https://register.qast.jp/


【会社概要】
企業名                 any株式会社
代表者                 吉田 和史
所在地                 東京都渋谷区笹塚3-21-5 笹塚KNビル203
設立                    2016年10月3日
事業内容              Qastの企画、開発、運営
会社HP                http://anyinc.jp/
お問い合わせ    info@anyinc.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. any株式会社 >
  3. ナレッジ共有ツール「Qast」を運営するanyがグローバル・ブレイン、GazelleCapitalから6,500万円の資金調達を実施