「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」を発表!

~学校への「防災教育」普及の一助に~

株式会社明石スクールユニフォームカンパニー(所在地:岡山県倉敷市、代表者:河合秀文、以下 明石S.U.C.)は、かねてより「明石セーフティプロジェクト」と銘打ち、学校向け防災教材の開発に取り組んでまいりました。
そしてこのたび、「防災学習ブック」と「防災学習かるた」を発表いたします。


明石セーフティプロジェクトとは
「明石セーフティプロジェクト」は日本唯一の社会防災学科を有する神戸学院大学(研究担当者:現代社会学部 社会防災学科 前林 清和教授)による知見と、明石S.U.C.の全国に広がる販売網(特に全国の小中高の学校とのつながり)を生かした産学連携プロジェクトとして昨年より発足。
想定される災害に備え、日本の宝である子どもたちを守るための教育や教材などを開発することで防災啓発活動の普及を促し、社会に貢献することを目的として各地方にて学校様向けの防災セミナーを開催するなどの活動を行って参りました。

明石S.U.C.の思い
日本は世界トップクラスの災害大国であり、いつ、どこにいても災害に遭う恐れがあります。
特に学校を取り巻く環境に大きな変化の波が押し寄せている現代社会においては、学校の防災意識が徐々に高まりつつあるように思います。
そして私どもが様々な防災商材を学校へ紹介していく中で、今最も必要なものは防災教育であると感じました。
災害に対しての正しい知識と意識、そして行動力を生徒自身が身につけ防災力を高めて欲しい。
「防災学習教材」が日本の子どもたちの防災力を高める一助となって欲しい。
このような思いから、「防災学習ブック」と「防災学習かるた」は生まれました。
 


防災学習ブック
「防災学習ブック」については、今年10月に小学校低学年(1.2年生)用、小学校中学年(3.4年生)用、小学校高学年(5.6年生)用の3種類を発表。
小学校で3種類の設定としたのは、年齢に即応した防災学習をするためで、それら全てに教員用の指導書と防災学習DVDが付属。
教員用の指導書にはそれぞれの単元での学習目標や指導方法、参考となる情報などを盛り込みました。また、それぞれの単元がどの教科に対応しているかも記載。教科対応とすることで既存の教科のなかで先生方がカスタマイズして活用できる内容としました。
防災学習DVDは絵や写真だけでは伝わりにくい災害の脅威を、映像を通してよりリアリティーをもって学習することができ、災害の脅威に対する意識を高めるための副教材として活用。

 


防災学習かるた
「防災学習かるた」は、かるた遊びを通して災害について学べるように作成しました。
災害に対しての備え、対応行動、心得、知識、メッセージ、啓発を読み札に取り入れており、それぞれの札も項目別にマークで分けているため、学びたい項目の札だけを抜き出して遊んだり、マークをそろえて取ったりなど、通常のかるた遊び以外の使い方も出来るよう工夫しました。

明石S.U.C.のこれから
現在、明石S.U.C.では、約6000校の学校様に商品を納入させていただいております。
生徒様の青春に寄り添う制服を「一針一心」心を込めて作る、という事に軸足を置きつつも、様々なニーズに対応し、それぞれに寄り添うことで、関わる人々が豊かな学生生活を送る事の出来るようにチャレンジを続けて参ります。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社明石スクールユニフォームカンパニー   広報担当:西山
電話:086-477-7538     メールアドレス:info@akashi-suc.co.jp

<会社概要>
会社名:株式会社 明石スクールユニフォームカンパニー
設立:2014年12月1日(※創業1865年)
住所:岡山県倉敷市児島田の口1-3-44
代表取締役:河合秀文

URL:http://www.akashi-suc.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/akashi_s.u.c/
FaceBook:https://www.facebook.com/akashi.suc/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9-GoG14j7R_2tKNuKbZKLA
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社明石スクールユニフォームカンパニー >
  3. 「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」を発表!