全国11都府県緊急事態宣言。だからこそ酒蔵とオンライン乾杯宣言!

緊急事態宣言下における新たなおうちでの楽しみ方

合同会社IW(本社:福岡県福岡市 代表社員 増田雅人)は、《ローカルのお酒宅配 × お酒のつくり手との乾杯》を組み合わせた新しい体験型お酒通販『ハンズオンローカルSAKE』を昨年12月にローンチ。緊急事態宣言下における新しいおうちでの楽しみ方として、1月17日にも創業322年福岡県久留米市の若竹屋酒造場とオンライン乾杯イベントを実施予定。今後も続々とイベントを企画中。
■公式サイト:https://hands-on-local.com/


●全国11都府県緊急事態宣言

 初めての緊急事態宣言が発令された日から1年足らずで2回目の発令。新型コロナウイルス感染症(以下:コロナ)との戦いが始まって約1年になりますが、激しさは増す一方です。

 そんな最中、飲食店や百貨店、様々な業種に多大な影響が出ており、再三の外出自粛要請によって人々のストレスは日々増しています。


●新しいおうちでの楽しみ方「お酒のつくり手とおうち乾杯」
 

Withコロナ時代の新しいおうちでの楽しみ方の提案として、弊社は【ローカルのお酒宅配×つくり手とのオンライン乾杯】を掛け合わせた新しい体験型お酒通販サービス「ハンズオンローカルSAKE」を昨年12月末にローンチしました。

ご購入者には、事前に飲み比べセット3種類をご自宅にお届けし、オンラインイベント当日にそのお酒を片手に、つくり手と直々に乾杯することができます!
 

ハンズオンボックスハンズオンボックス


人と人との距離が離れる一方で、人との繋がりの大切さを身にしみて感じさせた新型コロナウィルス。
 

弊社はこの「ハンズオンローカルSAKE」の仕組みを通して、人と人との心の距離を近づけ、そして飲食産業におけるDX化(デジタル・トランスフォーメーション)を通じて、飲食産業のますますの発展に貢献いたします。

●ハンズオンローカルSAKEに参加するメリット


お酒に興味を持っていても、地方にある酒蔵に足を運ばれたことがある方は少なく、また仮に足を運んだことがある方でも、実際にお酒を作られているつくり手と乾杯したことがない方がほとんどだと思います。

しかし、このハンズオンローカルSAKEのサービスを利用すれば、そのお酒のつくり手と乾杯できて、そしてお酒のプロであるつくり手さんが直々にお酒について教えてくれます! 

何より、一人で飲むだけであったおうち飲みが一人じゃなくなり、もっと楽しくなることが一番のメリットではないでしょうか。

●『ハンズオンローカルSAKE』サービスの利用の流れ

ハンズオンローカルの利用の仕方は非常に簡単です。

  1. イベントを購入
  2. 事前にお酒が届く
  3. つくり手とオンライン乾杯

たったこれだけで普段のおうち飲みが何倍にも楽しくなります。



●直近のイベント
現在、九州の酒蔵を中心にさまざまな蔵元と楽しいおうちイベントを企画中です。


■2021年1月17日(予定)

  • 若竹屋酒造×ハンズオンローカルSAKE
  • テーマ:【新春祝い】料理大好き若竹屋酒造"篠田副社長"とおうち乾杯!絶品日本酒マリアージュレシピを伝授!
  • 日時:2021年1月17日(日)20:00-21:30
  • 参加方法:zoom(限定20名)、YouTube Live(人数無制限)
  • 商品内容:飲み比べセット3種類+日本酒マリアージュレシピ+つくり手とオンライン乾杯
  • 価格:3,500円(送料、税金込み)
  • イベントURL:https://hands-on-local.com/products/wakatakeyasyuzou_01

■2021年2月20日(予定)

  • 基山商店×ハンズオンローカルSAKE
  • テーマ:(仮称)【日本酒初級者向け!】なぜ同じお米でこんなにも味が変わる?蔵元とのオンライン乾杯イベント!
  • 日時:2021年2月20日(土)20:00-21:30
  • 参加方法:zoom(先着20名)、YouTube Live(人数無制限)
  • 商品内容:飲み比べセット3種類+酒米の米粒+つくり手とオンライン乾杯
  • 価格:3,500円(送料、税金込み)
  • イベントURL:現在作成中



●『ハンズオンローカルSAKE』の誕生背景
 


 弊社は福岡に事業所を構えており、本体の会社(株式会社IW)は代表社員(増田)が大学4年生だった頃(2015年10月)に立ち上げました。
(*合同会社IWは本サービスを立ち上げるために2020年8月に新たに設立。)

もともとは自身のオーストラリア留学で人生が変わる出逢いがあったことから、「異なる価値観を持つ人を繋ぎ、人生が変わる出逢いを創る」をミッションに掲げ、地域創生に特化したマーケティングPR会社として外国人観光客向けに事業展開をしておりました。
 

ところが、2020年になって新型コロナウィルスの影響でインバウンド観光客はパッタリ。
弊社の事業はもとより、当時のクライアントであった飲食店や百貨店、様々な業種に多大な影響が出ました。

何より知人の飲食店が目の前で潰れかけているのを見たり、現状の売上を聞いたときのショックは物凄いものでした。
そして、以前から繋がりがあった酒蔵さんにお邪魔させてもらった時に見た余った在庫の数。

「来年以降どうしたらいいのか、、」

そんな声を漏らす酒蔵の方に対して、お答えする言葉がありませんでした。


●飲食産業に関わる全ての人たちをハッピーに!
 

オンライン飲み ハンズオンローカルSAKEオンライン飲み ハンズオンローカルSAKE


このコロナによって、時代が変わりつつあります。
オンライン化の促進により、 リアルで回る経済は7-8割に減少するだろうと思います。

そんな新たな時代を生き抜く上で、弊社が目指す先は

  1. 飲食産業のDX化(デジタル・トランスフォーメーション:デジタル対応・変革)
  2. 食・酒のストーリーを共有し飲食産業を付加価値産業へ
  3. 味ではなく「人で選ぶ」という新しい評価軸を創る 


この三点です。

これから7-8割に減少するリアル経済において、DX化は欠かせません。
またより付加価値をあげるためには、その食材、お酒の裏側にある「つくり手の想い・ストーリー」を共有することが必要になると思っています。

そして、現在、お酒造りの技術の発展により、ほとんどのお酒は美味しくなっています。
ということはつまり、商品の味としては熾烈な競争があり、そこで差別化を図るのは至難の業であるということです。
だからこのサービスを通して、”味”という評価軸ではなく、”人で選ぶ”という新しい評価軸を入れたいと考えています。

居酒屋などに行った時に、
「あ、このお酒はあのつくり手さんが造っている商品だ、じゃあこれ頼もう」
こんな風になることを想い描いています。

 


 元来「お酒は《人と人とのご縁を繋ぐツール》」であり、Withコロナでもその役割は不変で、さらにその重要性が増していると感じます。
 私たちはコロナによって変わるビジネスの在り方を最適化させ、飲食産業に関わる全ての人々をハッピーにいたします。
 

 

 

●『ハンズオンローカルSAKE』の情報
「ローカルのお酒宅配 × お酒のつくり手との乾杯」を組み合わせた新しい体験型お酒通販サービス

■公式サイト
https://hands-on-local.com/ 
■公式Facebook
https://www.facebook.com/handsonlocalsake
■利用者限定Facebookページ
https://www.facebook.com/groups/handsonlocalsake
■公式Instagram
https://www.instagram.com/handsonlocalsake/


●運営会社の情報

会社名:合同会社IW
代表:代表社員 増田 雅人
住所:福岡県福岡市博多区祇園町8-17ヴォーヌンク祇園1001
電話:092-292-2350
Mail:info@iw-inc.jp
設立:2020年8月11日
HP(株式会社IW):https://iw-inc.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IW >
  3. 全国11都府県緊急事態宣言。だからこそ酒蔵とオンライン乾杯宣言!