歯科医院のペーパーレス化を促進、治療記録のすべてをデジタル化する「Medical Box Note」が発売決定

歯科医院の診療と経営の両面をITでサポートする株式会社ストランザ(本社:東京都港区、代表取締役社長:西島 彰一、以下ストランザ)は、紙のサブカルテなどの診療記録をすべてデジタル化し患者の管理を一元化することができる新たな機能「Medical Box Note」を月額24,000円、初期費用0円で運用することを発表いたします。
■開発の背景
近年、口腔内の衛生環境と重度な全身疾患との関係性は多くの各関係者から注目を浴びており、歯科検診の受診が義務付けられる「国民皆歯科検診制度」の導入も検討されています。しかしながら、実際の臨床現場では紙のサブカルテや問診表などアナログで管理されており、データ化されていないというのが現状です。
ストランザはその問題を解決すると同時に、歯科医院の業務効率化を測るために様々なサービスをシステム化し貢献していきたいと考えております。

■「Medical Box Note」概要
紙のサブカルテなどの診療記録をすべてデジタル化し、予約情報、来院管理、患者管理と紐付けクラウド管理することで患者管理の一元化と、リアルタイムの情報共有を実現した画期的な機能です。自費カルテ、保健カルテなどの書類をスキャナーで読み込むことで、タブレット上で書き込みをすることや「Medical Box」内の画像データへアクセスして、選択した画像をサブカルテに貼りつけることも可能です。
これにより、わずらわしい書類の出し入れや受け渡し時間が短縮され、業務効率化が測れるとともに、患者への治療内容の説明時間を創出し、医院の患者サービス向上を促します。
公式サイト:https://apotool.jp/medicalrecord/

 

<主な機能>
・予約情報との連携
・レントゲン、口腔内カメラ、その他の資料などを保管している「Medical Box」との連携
・画像データ上への書き込み
・レントゲン等の画像を見ながらサブカルテを作成できる参照機能
・紙のサブカルテ用紙を利用したテンプレート作成

<費用>
・初期費用 0円
・月額 24,000円/使い放題

■今後の展開
「Medical Box Note」をリリースすることで、さらなる口腔内のデータ分析を可能とします。予約管理や経営分析、レセプト請求以外にも、患者一人ひとりの細かいデータや医師の所見をデータ化することで口腔内の衛生環境と重度な全身疾患との関係性を追求してまいります。

■「Apotool & Box」について
「Apotool & Box」は、ストランザが独自に開発した、歯科医院専用のクラウド型システムです。単なる予約管理システムとは異なり、レセプトコンピュータとの深い連携による、経営指標の見える化が可能。「患者データ=資産」と捉え、日々システムに集まる患者さんの情報をすべて、歯科経営に必要なソリューションに活かします。これまでの予約管理システムにない、まったく新しい「患者管理・経営管理システム」です。
詳細はこちら(https://apotool.jp/)をご覧ください。

■会社概要
社名:株式会社 ストランザ
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル3F
TEL:03-6403-4880
FAX:03-6403-4881
代表者:代表取締役 西島 彰一
設立:2013年5月15日
事業内容:予約システム・受発注システムの開発、制作、販売、賃貸及び保守管理、受発注業務の代行、情報セキュリティサービス、決済情報処理等
URL:https://stransa.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストランザ >
  3. 歯科医院のペーパーレス化を促進、治療記録のすべてをデジタル化する「Medical Box Note」が発売決定