[株式会社FBP Partners]ノーコードでデータパイプライン構築と運用コストの削減を実現する「Dataddo」の提供を開始

これまで「データ」「アジャイル」をキーワードに、企業の業務効率化やアプリケーション開発支援を行なってきた株式会社FBP Partners (東京都武蔵野市、代表取締役:大水淳也、以下 FBP)は、データパイプライン構築と運用コストの削減を実現するデータ統合サービス「Dataddo」を2022年1月17日(月)より提供開始いたします。

 

「Dataddo」は、Dataddo,Inc.(本社:米国 カリフォルニア州 マウンテンビュー、最高経営責任者 Petr Nemeth、以下 Dataddo社) が開発・販売を行うSaaS型サービスで、日本ではFBP社が初のソリューションパートナーとなります。
 


■「Dataddo」について

「Dataddo」は、米国 カリフォルニアのDataddo, Inc.が提供する、ノーコードでデータパイプラインの構築を実現し運用コストを大幅に削減、メンテナンスを不要とするデータパイプラインの自動化サービスで、世界数カ国、3000を超える組織やサービスで導入されています。

 

■Dataddoを導入することにより得られる最大のメリット

Dataddoはノーコードで各種設定ができ、最短で5分程度で設定が完了します。

設定は全て画面の指示に従って進めていきますが、設定方法に詰まってもわかりやすいドキュメントも用意されているため、エンジニア以外の方でも設定ができます。

データソースとして連携しているサービスでAPIの仕様変更・更新された際には、通常ではこれらの変更に適応するためにエンジニアが都度変更内容を確認してプログラムを書き直すなど、継続的なメンテナンスが求められますが、Dataddoを導入することでメンテナンスの必要がなくなるため、データエンジニアやデータ分析チームはエンジニアリングやそれらにかかるコストの心配をせずに本来の取り組むべき作業や分析に集中できます。
また、これまでFBP社が採用する同カテゴリのサービスでは、日本国内のみで展開しているサービスに標準では対応していないこともあり、導入における障壁となるケースもありましたが、Dataddoでは国内外に関わらずAPIが提供されているサービスであれば、最短10日でデータパイプライン構築に必要なコネクタを無償にて開発・ご提供します。

さらにDataddoでは適切な暗号化を施し、一時的にデータを保存するスマートキャッシュという機能を提供しており、Dataddoからデータウェアハウスへ、または直接TableauやPowerBIといったビジネスインテリジェンスのアプリケーションに容易にデータ連携できます。

 

■Dataddoの価格について
Dataddoの価格体系は、データ容量やレコード数ではなく、データパイプラインに接続するサービスやアプリケーションの数で変動し、最小価格では月35ドルからサービスを提供しており、同期のタイミングやサポートレベルなどに応じて価格プランが構成されています。
14日間の無償トライアルもご用意しておりますので、ぜひお試しください。

 

 Dataddo Trial

 https://www.dataddo.com/signup 

 

■Dataddo, Inc. 最高経営責任者 Petr Nemethより日本の皆様へ

日本は私たちが長きにわたり参入しようとしていた非常に興味深い市場です。私たちの成功は現地の文化や環境、商習慣に関する知識を持った信頼できるパートナーを見つけることにかかっていると認識していました。そこで我々は、最高品質のサービスを提供するために、FBP Partnersと協力することにいたしました。FBP Partnersの専門知識、献身、誠実さは、当社がパートナーと協働するために最も高く評価している価値の一部です。

 

今日、日本を含む世界中の企業が、Salesforce、Google Analytics、Stripeなどのクラウドサービスを採用し、ビジネスをより効率的に運営できるようになっていますが、組織内でデータのサイロ化が発生し、適切なデータ管理が困難になってきています。データドリブンな意思決定を行うには、企業がすべての企業データを1つの場所 (通常はデータ・ウェアハウス) に集中させることが重要です。
Dataddoは、すべてのデータ統合プロセスを簡単かつパワフルな方法で自動化することを支援しています。
当社のノーコードETLプラットフォームは2015年から販売開始し、米国とEUを中心に世界中の3,000以上の組織にサービスを提供しており、最高レベルのデータ品質、セキュリティ、および顧客満足度を確保することに専心しています。さらに、当社のプラットフォームをより魅力的で日本市場に適したものにするため、Yahoo! Japan AdsやLineなどのコネクタを開発してまいります。
2022年1月からDataddoを日本のお客様にご利用いただけるようになることをお知らせできることを嬉しく思います。


 

FBP社では創業より一貫して、データ分析に関連するソリューション、とりわけデータパイプラインの構築・運用に欠かせないソリューションの提供に関して、お客様のご要望に柔軟に対応できる国内外のサービスをご提供しております。FBP社では今後も多くのお客様が取り組んでおられるデータドリブンな経営環境、業務を支えるべく尽力してまいります。

■株式会社FBP Partnersについて

会社名 :株式会社FBP Partners

URL : https://fbpp.jp

Dataddo紹介サイト:https://dataddo.fbpp.jp
代表者 :大水 淳也
所在地 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4 2F
事業内容 :BI/データプラットフォーム「 Looker」の販売・導入サポート
データパイプライン自動化サービス「Dataddo」の販売
データパイプライン自動化サービス「trocco」の販売
データパイプライン自動化サービス「Fivetran」の販売
データパイプライン自動化サービス「Xplenty」の販売
データカタログサービス「Dataedo」の販売
ECサイト構築支援
その他アプリケーション開発のご支援

 

■Dataddo, Inc.について

会社名 : Dataddo, Inc.

URL : https://www.dataddo.com/

代表者 : 最高経営責任者 Petr Nemeth

所在地 :EU Office Palac ARA Perlova 5 Prague 1, 110 00 Czech Republic  

US Office 126 San Antonio circle Mountain View CA 94040 United States

事業内容 :データパイプライン自動化サービス「Dataddo」の開発、販売

 

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社FBP Partners 広報担当: 平子

メールアドレス:contact@fbpp.jp

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FBP Partners >
  3. [株式会社FBP Partners]ノーコードでデータパイプライン構築と運用コストの削減を実現する「Dataddo」の提供を開始