展覧会公式図録『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』

ブルーシープより4月新刊のおしらせ

知られざるフィンランドを代表するセラミック・アーティスト、ルート・ブリュック。日本初となる回顧展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」(4月27日から東京ステーションギャラリーで開幕。全国巡回あり)に合わせ、展覧会会場、全国書店、Amazonなどで発売します。

 

フィンランドを代表するセラミック・アーティスト、ルート・ブリュック日本初の大規模展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」が、4月27日に東京ステーションギャラリーで開幕し、2年間で5会場の巡回が始まります。昨年12月、展覧会に先駆けて刊行した日本初のビジュアルブック『はじめまして、ルート・ブリュック』に続き、作家の生涯、作品の図版、論考を網羅した決定版の展覧会図録を出版します。

ルート・ブリュックは、1940年代初頭から名窯アラビア製陶所・美術部門の専属アーティストとして活動を始め、版画の技法を応用して独自の釉薬や型の技術を確立しました。1951年にはミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞するなど、国際的にも頭角を現します。1960年代に入ると、初期の具象的な陶板から無数のタイルピースを組み合わせた、抽象的で立体的な作品へスタイルが移行。晩年にかけて、ヘルシンキ市庁舎やフィンランド銀行、大統領邸宅など、観る者が思わず立ち尽くすような、迫力のある
大型のモザイク壁画を制作しました。

本展は、日本で初めてルート・ブリュックその人と代表作を紹介します。1940年代から80年代にかけての約200点の作品を通じ、愛らしい描写、重厚かつエレガントな釉薬の輝き、独自の自然観が生み出す繊細な図や形に触れることができます。
 



既刊本(2018年12月刊行)
『はじめまして、ルート・ブリュック』
定価:2,000円(本体)発行:ブルーシープ  
208ページ、 A5判、コデックス装
ブックデザイン:前田景
ISBN:978-4-908356-05-6


 

ルート・ブリュックの芸術のすべてを収めた決定版

●約50年におよぶキャリアの代表作を網羅

・最初期の絵付け(1940年代)、「蝶」「鳥」「母子」「建物」のシリーズ(1950年代)、そしてタイルを組み合わせた抽象的なモザイク(1960〜80年代)まで、約180点のセラミック作品を中心に、日本巡回展の内容を完全収録。

・釉薬の見本、石膏型、テキスタイルなど、初公開の貴重な資料も紹介。
・晩年の大作「流氷」など、現地の公共建築に常設されている大型レリーフの重要な作品も大きな写真で掲載します。

 

●作品ひとつひとつを丁寧に紹介

・全300ページを贅沢に使い、ブリュックの作品を制作年代順やモチーフごとにグルーピングし、一点一点大切に紹介。ゆるやかに変化していく作風の足跡をたどります。

・膨大なコレクションを寄託され、ブリュック研究を進めるエスポー近代美術館によるテキストで、

制作背景や技法についても踏み込んで解説します。
・ブリュックのバイオグラフィに加え、美術史や
陶芸技法から見た作品の味わい方を各専門家が寄稿し、より奥行きのあるブリュックの世界へとガイド
します。

●高級感ある装丁と秘蔵のポートレート、
 宝物のような一冊
・A4サイズの大ぶりな判型で、釉薬や図柄のニュア

ンスまでしっかり伝わり、展覧会の鑑賞体験そのものを一冊に閉じ込めたイメージです。
・本図録のためだけに特注の色で染めた布で装丁。箔押しと小さなポートレートが大切な書物に封をするように添えられます。
・別丁のグラビアページには、ブリュックの制作風景や、家族が撮った秘蔵のポートレートを掲載。
いつまでも大切に持っていただきたい一冊です。

 

 

 

ルート・ブリュックの芸術のすべてを収めた決定版

●目次
・ポートレイト
・「蝶の軌跡 ルート・ブリュックの作品と人生」(ヘンナ・パウヌ)
・「『あわい』への眼差し ルート・ブリュック創造の軌跡」
   (山口敦子 岐阜県現代陶芸美術館)
・「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」出品作品図版と解説
I    夢と記憶
II   色彩の魔術
III  空間へ
IV  偉業をなすのも小さな一歩から
V   光のハーモニー
・「陶器が輝くわけ 後期ルート・ブリュックの作品について」
   (成相肇 東京ステーションギャラリー)
・作品リスト
・年譜
 

 


ルート・ブリュック Rut Bryk  1916-1999

アラビア製陶所・美術部門のアーティストとして、セラミックを中心に、テキスタイル、パブリックアートなどを制作。1951年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞し、世界的に活躍。ロマンチックで具象的な前期から、抽象的で力強い表現の後期へと移行する作風の変遷が見どころ。夫は世界的デザイナーのタピオ・ヴィルカラ。世界各国を旅し、イタリアやアメリカの都市、夏に滞在したラップランドなど、その場所の風景や自然に着想を得た。

 



●巡回展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」
2019年4月27日〜6月16日   東京ステーションギャラリー
2019年9月7日〜10月20日   伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
2020年4月25日〜7月5日   岐阜県現代陶芸美術館
2020年7月18日〜9月6日   久留米市立美術館
ほか

●書籍情報
2019年4月27日発行
 ~ 展覧会会場、全国書店、Amazonなどで発売
『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』
定価:3,000円(本体)
発行:ブルーシープ  
300ページ、 A4判、布貼り上製 
ブックデザイン:白い立体
ISBN:978-4-908356-07-0 

http://bluesheep.jp/
https://www.instagram.com/bluesheep_info/











 

 

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルーシープ株式会社 >
  3. 展覧会公式図録『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』