「知」と「テクノロジー」を用いて、だれもが選択肢を持てる希望に満ちた社会を創ることを目指します。

​当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは株式会社クリエイティブホープ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 香取 宜伸)の April Dream です。

加速度的に進化するテクノロジーの中で、誰もが変化を求められる今の時代。私たちは自由な発想をもってあらゆるBorderを超え、常に新しい価値を生み出していくことに挑戦します。
株式会社クリエイティブホープは、同社が運営するサービスで“想いを伝え”、“人と人を繋ぐ”方法をご提供します。


テクノロジーの発達により、社会は目まぐるしく変化しています。テクノロジーは多くの利便性や快適さを社会に提供し、不可能を可能にすることで世の中の選択肢を増やしていると言えます。ここで大切なのは、真の意味で「人や社会を豊かにする」ということです。どんなに新しい技術が生まれても、人間中心でなければ意味がありません。私たちは、私たちが提供するサービスを通じて、“想いを伝え”、“人と人を繋ぐ”ことを大切にしていきたいと考えています。

本当に良いモノ、ヒト、サービスを消費者に伝える「紹介」を『invy』で

当社では、リファラルマーケティングでサービス業の生産性を向上させる、クラウドサービス『invy』を提供しています。派手なプロモーションや多額の広告費投下、ブランディングによる魅せ方だけで、商品力やサービス力がなくても選ばれる仕組みから、規模に関係なく本当に良いモノ、ヒト、サービスを消費者に伝える仕組みを構築します。人から人への思いを込めた「紹介」を、『invy』を通じてリファラルマーケティングとして、データと経験から確立させていきます。そして、その仕組みとしての『invy』を汎用的に拡販することで、本当に質の良い店舗や事業の支援をしていきます。

“Beyond”したい人々が集い、自由に対話できる場所『PANGEA』について
 

当社では、「常に新しい価値を生む」ためには、コラボレーション機会をより多くもつことが重要だと考えており、人々が集い対話できる場所として『PANGEA』の貸し出しを行っています。テレワーク等働き方の多様化が進み、企業の中には使われていないスペースも増えていますが、社会に点在するこれらの有閑スペースを繋ぎ、様々な背景を持ちながらもチャレンジしたい人がよりアクティブに活動できるようにネットワーク化して貸し出す仕組みを構築します。空間と空間、人と人を繋ぎ、コミュニケーションとイノベーションを生み出す「場」の提供に関する支援をしていきます。

 
人から人へ想いを伝え、縁を紡いでいく。それこそが世の中に選択肢を増やすことに繋がっていくと確信しています。私たちは、これからも「知」と「テクノロジー」で未来を創ることに貢献していきます。


-本リリースに関するお問い合わせ先-
株式会社クリエイティブホープ
広報担当 上野 / invy 熊澤
TEL: 03-5925-2981
E-mail:info@creativehope.co.jp
 

「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、
実際に企業が叶えようとする夢を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。
https://prtimes.jp/aprildream/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリエイティブホープ >
  3. 「知」と「テクノロジー」を用いて、だれもが選択肢を持てる希望に満ちた社会を創ることを目指します。