美容外科医では初の試み!上原恵理医師が「渡韓医療通訳」を開始。~韓国人ドクターとのコミュニケーションに不安を感じる方の架け橋になりたい~

全国に 5 医院展開する美容皮膚科・美容外科『表参道スキンクリニック』グループは、美容整形を目的とした方に向けた渡韓医療通訳を2019年2月13日に開始いたします。通訳は上原医師が行い、2018年に提携を結んだ『ザ・プラス美容外科』での美容 整形が対象となります。今回、執刀をするジョン・ジヨン医師は、韓国国内に留まらず国外の医師にもその先端医療技術を教示している、世界的な鼻整形の権威です。また、同年3月3日にジョン・ジェヨン医師をお招きし、表参道院では2回目の日韓合同ライ ブサージャリーの実施も予定しております。

左213 渡韓医療通訳 右第 1 回日韓合同ライブサージャリー左213 渡韓医療通訳 右第 1 回日韓合同ライブサージャリー

2000 年代から韓国は美容大国として認識されはじめ、美容整形の技術や流行は日本国内にも多大な影響を与えています。近年では日本人を対象とした美容整形ツアーを希望する多くの方にとって渡韓をすることは珍しいことではありません。そこで問題になるのが《言葉の壁》。今回通訳を担当する上原医師は年に幾度と、韓国をはじめとする技術交流や海外で行われる学会、セミナーに足を運んでおり、今回の渡韓医療通訳ではカウンセリングのみならず、実際の手術にも立ち会う予定です。「腕は確かだけど自分の理想が伝えきれない不安は大きいだろうから、安定剤にでもなれたら嬉しい」と本人のSNSで発信後、すでに多くの反響が 寄せられています。


【上原医師技術交流の様子】※上原医師 Instagram より:https://www.instagram.com/aesthetic_surgeon_dr.uehara/

韓国でのジョン医師による個別講習韓国でのジョン医師による個別講習

Rebuilding nose の出版記念パーティーRebuilding nose の出版記念パーティー

解剖セミナー解剖セミナー

 

  • 形成外科専門部 上原 恵理 プロフィール

形成専門医・美容外科医として表参道スキンクリニック及び大学病院に勤務。 シグニチャー施術である豊胸手術や鼻整形手術においては確かな技術がSNSや口コミで広がり、カウンセリングや手術の予約は数か月待ちの状態が続いている。そういった医師としての業務のかたわら、Instagram や Twitter での赤裸々 な投稿も話題。施術の内容、ダウンタイム、リスクなどありのままを発信し、多 くのフォロワーから支持されている。料金や制度も含めて患者様の立場になって 適正な医療が提供できるよう専心している。
https://omotesando-skin.jp/about/doctor_omotesando/

◆上原医師 twitter:https://twitter.com/dr_uehara
◆上原医師 Instagram:https://www.instagram.com/aesthetic_surgeon_dr.uehara/
 

  • ジョン・ジェヨン医師(ザ・プラス美容外科院長)

熟練した技術と長年の手術経験を土台に国際的な学会で多くの発表と検証を行い、それに基 づいた論文や著書は世界的に認められる鼻整形の最高権威として名高い美容外科医。

・韓国・チュンブク(忠北)大学病院整形外科外来教授
・大韓整形外科鼻整形研究会常任理事
・著書「鼻形成術(REBUILDING NOSE)」など
 

  • わたしは、ここからキレイになる「表参道スキンクリニック」

全国に 5 院(表参道院・名古屋院・大阪院・福岡院・沖縄院)を展開する美容皮膚科・美容外科クリニックです。 美容皮膚科としての豊富な実績から、ホームケアでは手が届かないスキンケア治療・医療脱毛を中心に、患者様に適 した施術を専門の医師がご提案いたします。加えて、美容外科専門フロアの拡大や独自のカウンセリングシステムを 採用し、美容外科分野の体制も強化しております。
◆表参道スキンクリニック公式サイト: https://omotesando-skin.jp/

【報道関係者様からのお問い合わせ】
広報担当:橋本唯
Mail:pr@omotesando-skin.jp 
TEL: 03-6447-0655 FAX: 03-6438-9229

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルドランド >
  3. 美容外科医では初の試み!上原恵理医師が「渡韓医療通訳」を開始。~韓国人ドクターとのコミュニケーションに不安を感じる方の架け橋になりたい~