眼科用ヤグレーザ手術装置「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売

 株式会社ニデック(本社:愛知県蒲郡市、代表取締役社長:小澤素生)は、眼科用ヤグレーザ手術装置の最新機種となる「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売いたします。
眼科用ヤグレーザ手術装置は、主に後発白内障(*1)の治療や、緑内障の治療に用いられる装置です。


 YC-200では集光性の高い光学特性を持つレーザを搭載することで空中プラズマ閾値1.6mJ以下を実現し(*2)、少ないエネルギーでの照射が可能です。加えて、弊社従来機と同様エイミング光に対してフォーカス位置の移動を1,000μm(後房側500μm~前房側500μm)の広い範囲での設定ができるため、さまざまな症例への対応が可能です。
 YC-200 S plus では上記機能に加えてSLTと呼ばれる開放隅角緑内障の治療に用いられる、線維柱帯への低侵襲でのレーザ照射機能を搭載しています。SLT治療は照射痕が残らないため、照射の進行状況や結果を表示し術者をサポートするSLT-NAVI機能を搭載するなど、術者にとって使いやすい装置を目指しました。
 *1白内障手術後に発生する水晶体後嚢の混濁
 *2最適環境下に限る
 
販売名 眼科用ヤグレーザ手術装置 YC-200
発売日 令和元年5月7日
製品分類 高度管理医療機器/特定保守管理、設置管理医療機器
承認番号 23100BZX00035000
希望小売価格 ※医療機器となりますので、非公開


■切れの良い新設計ヤグレーザ
 スーパーガウシアンの光学特性を持つレーザ光源のため、集光性が良く少ないエネルギーで切れの良い照射が可能です。

 

■フォーカスが合わせやすいSLT用エイミング
 SLTモードのエイミングにパーフォーカル光学系を採用しています。フォーカス時にエイミングのエッジがシャープで合わせやすいため、治療時の照準合わせが容易です。

 

 

■SLT-NAVI
 SLT-NAVIに照射範囲、照射開始位置、照射方向を設定することで、治療の進行状況の目安を示します。また、照射結果を記録に残すことも可能です。


■コーンアングル
 SLT治療レーザのコーンアングルを5.5度にしました。
一般的なコーンアングル3度に比べて、角膜上での光束が太くエネルギー密度が高くなりにくいため、治療レーザ光による角膜への影響が抑えられます。
 

 
弊社は、今後も技術力と柔軟な発想を活かした幅広い製品ラインナップを展開し、眼科市場のニーズにお応えしてまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニデック >
  3. 眼科用ヤグレーザ手術装置「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売