児童文学の名作『あしながおじさん』が谷川俊太郎氏の翻訳、安野光雅氏の挿絵で蘇る!クリスマスやお正月に、大切な人へのプレゼントにも最適な一冊!

安野氏の挿絵でおくる、カラー版世界名作文学シリーズ第3弾『あしながおじさん』が、12月8日に朝日出版社より刊行されます。
 

「ああ!わたし だんだん いい子になって ゆくんだわ。 」
 孤児院でけなげに暮らすジュディは、ある日顔の知らない裕福な紳士の目に止まり、奨学金をもらって大学進学を果たします。
ジュディに課された条件は、かならず毎月おじさまへの手紙を書くこと――。
 
『小さな家のローラ』、『赤毛のアン』に続く、安野氏の挿絵によるカラー版世界名作文学シリーズの第3弾『あしながおじさん』が、谷川氏の翻訳によって蘇ります。

 孤独だった少女が持ち前の明るさと想像力をもって、たくましく才能を開花させていく様子は、時代を問わず読む人のこころを掴んで離しません。
 読んだことのある方も、読んだ気になっていた! という方も。
ふてくされたり、調子に乗ったり、落ち込んだり、大喜びしたりと表情豊かなジュディの手紙を、ぜひ受け取ってみてください。

◎総ルビになっていますので、小学1年生から読むことができます。
◎本シリーズの見どころであるカラー挿絵を多数収録。

 なお、12月5日から2019年3月4日まで、京都・丹後市の「森の中の家 安野光雅館」にて「安野光雅が描く物語の世界」で『あしながおじさん』の原画展が開催されます。
http://www.wakuden.jp/mori/category/morihouse/

 また、1月中旬刊行予定の第4弾!『メアリー・ポピンズ』(岸田衿子・訳/安野光雅・絵)の刊行を記念して、銀座の教文館ナルニア国にて2019年1月18日(金)~2月26日(火)に開催される、「あ!絵本?安野光雅挿絵展」(仮題)でも、『あしながおじさん』の挿絵が展示されます。

 


『あしながおじさん』
ジーン・ウェブスター 作
谷川俊太郎 訳
安野光雅 絵
定価:2,200円+税


 

©深堀瑞穂©深堀瑞穂

訳:谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)
1931年東京生まれ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土日の歌」で第4回日本レコード大賞作詞賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表、世界各国で翻訳されている。最新刊は、ディック・ブルーナ装画による詩集『バウムクーヘン』。

 

絵:安野光雅 (あんの みつまさ)
1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年紫綬褒章、2008年菊池寛賞、他を受賞。2012年、文化功労者に選ばれる。
主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(小社刊)などがある。
2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日出版社 >
  3. 児童文学の名作『あしながおじさん』が谷川俊太郎氏の翻訳、安野光雅氏の挿絵で蘇る!クリスマスやお正月に、大切な人へのプレゼントにも最適な一冊!