北川景子さんイメージキャラクターのアイウェアブランド「Vivid Moon(ビビッド ムーン)」シリーズ42作目発売

発売20周年となる2020年春夏シーズンテーマ ~Modern Folklore~ 流行の天地深めの玉型フレーム、素材もチタンで軽量に

株式会社シード(本社:東京都文京区、代表取締役社長:浦壁 昌広、東証1部:7743)は、女優の北川景子さんをイメージキャラクターに起用した女性向けアイウェアブランド「Vivid Moon(ビビッド ムーン)」の発売20周年となるシリーズ42作目の新作モデルを2020年6月上旬より全国の主要眼鏡店にて発売しております。


「Vivid Moon(ビビッド ムーン)」は、美しさ・自分らしさ・女性らしさを演出する当社オリジナルのアイウエアブランドです。高いファッション性と最良の付け心地の両方のこだわりが、素材・カラー・ディテールが全てのテイストに含まれています。

発売20周年となる2020年春夏(42作目)シーズンテーマは、Modern Folklore (モダン フォークロア)。異国情緒と現代的なアイテムや流行のカラーを掛け合わせたデザインが特徴です。フレームはフロントで天地を深めにした今の流行りの玉型に雰囲気を変え、素材も従来のステンレス製からチタン製に変更し軽量化しております。

新作フレームはメタル2型、セル1型の計3型の合計12バリエーションで、メーカー希望小売価格(参考上代)は22,000円~25,000円(+税)です。
 

  • 2020年春夏(42作目)シーズンテーマ
Modern Folklore (モダン フォークロア)
Modern モダン「現代風」 Folklore フォークロア「民族的な」
古くから伝わる文化的な模様は、それぞれ意味を持っています。異国情緒を取り入れ、現代的なアイテムや流行のカラーを掛け合わせ、新しいvivid moonを構築しました。 
 
  • 主なフレーム
■セルタイプ
~イタリアのマツケリ社の生地を採用~

フロント・テンプル共にイタリアのマツケリ社の生地を採用。テンプルの柄生地に合わせ、フロントには明るく綺麗な色調の単色生地を選定しました。テンプルは立体感のあるメタル芯を表に出して、アクセサリーのような繊細さを演出しています。

<品番>VM11819 (グレー[050カラー]) <参考上代>22,000円(+税)

■メタルタイプ
~2020年トレンドカラー「Human Red ヒューマンレッド」~

発売20周年を機に、Vividmoonらしいカッコ良さを継続しつつ、フロントと素材をリニューアルした新型をご提案。初期モデルに採用していたヒール型モダンを、今のトレンドにアップデートしたカラーリングで復刻させました。

<品番>VM11167(レッド[200カラー]) <参考上代>25,000円(+税)
  • Vivid Moon(ビビッドムーン)
ブランドコンセプト:
『Me-est=自分主義』である事を意識して、美しさ、自分らしさ、女性らしさを演出するためのアイウェア。素顔とは異なる魅力を表現する。 

ネーミングコンセプト:
“Vivid=鮮やかな” “Moon=月”…月は女性の象徴「眼鏡を掛けても、女性は『鮮やか』でいて欲しい」という思いを込めています。

【会社概要】
会社名:        株式会社シード(SEED Co., Ltd.)
代表:       代表取締役社長 浦壁 昌広
本社:       〒113-8402 東京都文京区本郷2-40-2  電話03-3813-1111(大代表)
ホームページ:      https://www.seed.co.jp/
設立:           1957年10月9日
資本金:              18億4,128万円(東京証券取引所市場第一部:証券コード7743)
事業内容:     (1)コンタクトレンズ事業     (2)コンタクトレンズケア事業
                        (3)眼鏡事業           (4)その他事業(医薬品・眼科医療機器等)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シード >
  3. 北川景子さんイメージキャラクターのアイウェアブランド「Vivid Moon(ビビッド ムーン)」シリーズ42作目発売