現役トップアスリートが代表を務める株式会社Reviveが、計1.2億円の資金調達を実施

開発チームの強化・事業拡大へ

トップアスリートとファンをつなぐサービス『vibes.』を提供する株式会社Revive(リバイブ、本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:前田眞郷、以下当社)は、株式会社ジャフコ・株式会社アカツキ他を引受先として、計1.2億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。

※写真左からアカツキ 石倉氏、Revive代表 前田、JAFCO北澤氏、飯野氏

株式会社Reviveは「アスリートの価値を最大化」し、1人でも多くの人の人生を豊かにするキッカケを創るクリエイティブカンパニーです。今回の資金調達により、トップアスリートとファンをつなぐサービス『vibes.』の開発および事業の拡大を進めて参ります。

また、代表取締役の前田眞郷氏(1992生まれ、27歳)はアメフト・Xリーグのオービックシーガルズでプレーする現役のトップアスリートであり、オービックシーガルズは2019年6月17日に開催されたアメフト東日本No.1決める第41回パールボウルで優勝した名門です。
「現役アスリート」と「エクイティファイナンスによって資金調達を行うスタートアップ経営者」の2つの顔を併せ持つ選手は世界的にも殆ど例がなく、前田自身のキャリアによって旧来型のアスリート像を更新していきます。

当社の事業を通じて「アスリートの価値」を再定義し、その価値を社会へ還元していきます。

■『vibes.』とは
「vibes.」はトップアスリートとファンを繋ぐ、新しい形のプラットフォームです。2019年1月にβ版をローンチし、ビデオ電話だけの最小限の機能ながら多くの反響をいただきました。現在「vibes.」は、ユーザーの体験価値を一層高めるべく新機能の追加やUI/UXの改善を進めています。


■「vibes.」今後の開発スケジュール
Ⅰ. 7月初旬に「vibes.」リニューアル版をリリース。
- vibes.で利用可能な機能 -
ビデオチャット、ライブ配信、グループチャット、メッセージ/画像/動画の送信、いいね機能、アンケート機能
Ⅱ. 7〜9月に「vibes.」に必要な機能を検証、iosアプリ基盤機能の開発・実装に着手
Ⅲ.上記Ⅱの検証期間を経てiosアプリを開発、9月〜10月中を目処にリリース予定


また、7月初旬のリニューアルのタイミングで「杉本健勇選手(サッカー)」「金正奎選手(ラグビー)」の2名のアスリートがvibes.に登場します!

 

この2名以外にも今後随時アスリートが登場する予定です。

乞うご期待ください。


■今後の事業拡大について
当社は「vibes.」に加えて、以下2つの事業の準備を進めています。
3つの事業が生み出すシナジーによって、私達の目指す世界観を実現して参ります。
事業詳細については以下にて改めてお知らせいたします。

「Athlete Creative Partner」 
アスリートの可能性を拡げるパートナーシップ事業。
※2019年7月初旬リリース

「vibes. Academy」
次世代型アスリート人材の育成を目的としたアカデミー事業。
現役のトップアスリートや社会を牽引するリーダーを講師陣に迎え、
体育会学生らが令和時代に活躍する術を体系的に学ぶプログラム。
※2019年8月リリース〜応募、10月開校予定


■株式会社ジャフコ 北澤知丈からのコメント
現役トップアスリートの前田さんが率いるReviveは、アスリートとスポーツビジネスを真に理解した優秀なメンバーが集まっています。"スポーツで世界を変える"というReviveの強いビジョンを我々も応援していきたいと思いました。テクノロジーによってスポーツビジネスは、これから本格的な変革期に至ります。Reviveが新しいエコシステムの核となる企業になるものと期待しております!

■「Heart Driven Fund」塩田元規からのコメント
現役のアメリカンフットボール選手でありながら、スポーツの種目に限らず多くのアスリートを繋ぎ、スポーツで世界を豊かにするチャレンジに邁進するReviveの前田眞郷さんを応援させていただくことになりました。
アカツキも「主体性」と「創造性」を最大化することを大事にしています。アスリートが主体性を解放するきっかけをReviveが作り、心を動かす感動体験で世界をカラフルに彩っていけるよう、これからもアカツキはReviveの取り組みを応援していきます!

■株式会社Revive代表メッセージ
近年、スポーツビジネスは盛り上がりを見せており、「スポーツテック」と呼ばれる最先端技術とスポーツの融合が盛んに行われています。

そんな中、私たちはスポーツの本質的価値は「心を動かす感動体験」にあると考えており、その体験を生み出す主役は、競技者=アスリートだと考えています。

スポーツは世界を豊かにする可能性を多いに秘めています。そして、スポーツで世界を変えようとする時、最も重要かつ不足している部分は「アスリートの主体性」です。これはアスリートだけが悪いのではなく、メディアや組織を含めた構造の老朽化に依るものです。

Reviveはアスリートファーストを貫きながら、各ステークホルダーとも協業し、「スポーツで世界を変える」新しいエコシステムのど真ん中を担っていきます。

そして今回の増資に伴い、ジャフコさん、アカツキさん等とチームになれたことを非常に嬉しく思います。株主の皆様の力を存分に借りながら「チームRevive」一丸となって、スポーツで世界を変ていきます。

私自身も現役アスリートとして、起業家として自分自身を、Reviveを更新し続けていきます。

■株式会社Revive代表プロフィール

 

 

 

前田眞郷 Maeda Shingo

1992年2月17日生まれ。高校までは野球一筋、強豪校で4番を打つ等して活躍。 関西大学入学後、アメリカンフットボールを始め、2011年に競技歴1年で日本代表、同年U−19世界選抜に日本人から唯一選出される。U-23世界選手権で銀メダル獲得。 大学卒業後、入社した商社を3カ月で退職し、プルデンシャル生命保険に転職。史上最年少で社長杯に入賞、MDRT会員になるなど活躍。税理士と提携し、プロスポーツ選手に対しての資産コンサルティングを中心に事業を行い、18年3月に退職。 「スポーツで世界を変える。」をビジョンに掲げ、株式会社Reviveを設立。 19年1月にトップアスリートとファンをつなぐサービス『vibes.』を正式リリース。現役アスリート兼スタートアップ経営者であり、オービックシーガルズには2016年から所属。

■株式会社Revive

会社HP https://reviveinc.jp/
設立  2018年8月2日
資本金 137,070,100円
代表者 代表取締役 前田眞郷
所在地 〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5-10-29
事業内容 トップアスリートとファンをつなぐサービス「vibes.」の運営 他

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Revive >
  3. 現役トップアスリートが代表を務める株式会社Reviveが、計1.2億円の資金調達を実施