新型コロナウイルスと戦う世界中のAI研究の網羅的データベースが公開。随時アップデートされ、誰でも閲覧可能。

この難題に立ち向かう研究者たちに、刮目。

「今、できることはなにか」我々の答えは、状況を変える可能性のあるテクノロジーの周知だった。

産業界・医療界の課題に対するAIアプローチを技術的観点からまとめたウェブサイト「アイブン」を運営する株式会社Parksは同サービスサイト内に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する特設ページを開設した。


特設ページでは、新型コロナウイルスに対抗するAIの研究を、論文ベースでグローバルに集積しデータベース化している。AIのアプローチに焦点が当てられているものばかりではなく、結論がそのまま考察の材料になるものも多い。

本日時点では4月以降に発表されたものがインデックスされている。発表日、タイトル(英文/邦文)、トピックカテゴリごとにソートできる。さらに、記事化可能なものは専門ライターによる詳しい解説をリクエストできる(リクエストは無料会員限定)。情報は随時更新され、過去の研究成果も遡って集積していく予定だ。
同ページは下記のリンクからアクセスすることができる。

https://aiboom.net/covid19ai

「感染拡大分析」「診断補助」「創薬補助」などの研究成果が並ぶ。調べたいワードで検索も可能だ。DOIリンクから論文の本文に飛ぶこともできる。

研究者には、先行研究を探す時に少しでも材料にしてほしい。技術者やプログラマーには、関連する仕事をする際の技術的アプローチ調査に役立てて欲しい。
これまでAIにも医療にも全く馴染みがなかったという方には、興味をもつきっかけにして欲しい。アイブンの他のコンテンツを参照するなどして、自粛期間中に新しい知識を獲得していただけたら本望だ。
ベンチャー起業家や投資家には、テクノロジーがもたらす社会的インパクトを考えるヒントにして頂けたら幸いだ。


企画の背景

 

この特設ページのオープンには、運営側の想いがある。

代表取締役の水谷は製造業出身の起業家だ。製造業は、国の景気の波に左右される側面を持つ。仲間たちの苦しむ姿に胸を痛めていた。製造業だけでなく、現場に出られなくなった者たちが、状況を憂うだけでなく積極的に学びの姿勢を取れるような仕掛けを作りたいと思った。
医療や製薬業界におけるデータサイエンスの普及が他の業界と比較して遅れていることにも、かねてより危機感をもっていた。

そんな中、自身の運営するプラットフォームの持つ力と可能性に目を向けた。「アイブン」は今や、経営者やエンジニア、学生、投資家などが多くユーザーメンバーとなり、日々コンテンツからAIの応用知識を学ぶ存在として価値を持ちつつある。
そこで、いまできることから始めるために、新型コロナウイルスに関するAIのデータベースを開設し、社会に価値を提供していく第一歩を踏むことにした。

「アイブン」とは
 

産業応用にフォーカスしたAIの論文メディア「アイブン」は昨年7月にリリースされた。

コンテンツの制作者は専門的バックグラウンドを持つ者で溢れ、投資家の出資を受け、一流の編集者も会社に正式にジョインした。最新の技術を知りたいものなら誰でも登録したくなるようなサイトに仕上がってきている。クリティカルなテクノロジー知識や考え方を、忙しい日常の中でも一瞬でキャッチアップできる、そのようなサービスになりつつある。


起業背景には、世の中における「生産の自動化」「健康の促進」を自ら成すことへの志がある。
代表は、IT技術やITビジネスは誰でもすぐに学べる分野であることを、製造業のサラリーマン時代に体感した。ITは各他業界の知識とセットで考えなければいけないが、それも論文を読むことで獲得できる。しかし、忙しい中でも外国語で書かれた難解な論文を大量に読むこと、要点を捉えることは、骨の折れる作業であることを実感した。いつしか勉強にあてる時間が多くなり、生活が大変になった。
これは自分自身が欲しかったサービスでもある。

新型コロナウイルスによる経済停滞の危機、健康被害の危機が同時にふりかかっている社会に対して、積極的に貢献する姿勢をとる。

同志を募集
ミッションに共感してくれる人は、データベースの作成を手伝ってくれませんか?
応募はこちらのメールアドレスへ→ mizutani[at]parks-inc.com [at]=@ (代表)

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Parks >
  3. 新型コロナウイルスと戦う世界中のAI研究の網羅的データベースが公開。随時アップデートされ、誰でも閲覧可能。