トライアルホールディングス初となる他企業への納⼊「スマートショッピングカート」を7⽉9⽇(⽊)よりアルク到津店に試験導⼊開始

〜⾮対⾯会計で、withコロナ時代の新しい買い物体験を提供〜

 株式会社トライアルホールディングス傘下の株式会社Retail AI(本社︓東京都港区、代表取締役 永⽥洋幸 以下、Retail AI)は、⾃社開発した「スマートショッピングカート」を、株式会社リテールパートナーズ(本社︓⼭⼝県防府市、代表取締役社⻑ ⽥中康男 以下、リテールパートナーズ)傘下の株式会社丸久(同本社、代表取締役社⻑ ⽥中康男 以下、丸久)が運営するスーパーマーケット「アルク到津店」に納⼊、同店で7⽉9⽇(⽊)から運⽤実証実験を開始します。

 「スマートショッピングカート」は、キャッシュレス決済機能付きタブレットを搭載した買い物カートで、トライアルグループが運営する店舗では既に20店舗で合計約2,500台が稼働しています。


 この度は、リテールパートナーズとトライアルグループのトップ同⼠が、リテール分野でのAI活⽤を推進していく⽬標を共有したことで、「アルク到津店」への「スマートショッピングカート」納⼊が実現しました。トライアルグループが⼩売業界全体のスマート化に貢献していくための、⼤きな第⼀歩です。
 “withコロナ時代”の店舗経営に求められる「⾮対⾯」「⾮接触」を可能にするDX(デジタルトランスフォーメーション)のために、トライアルグループは独⾃技術やノウハウの普及を今後も進めてまいります。



【スマートショッピングカート とは】
 お客様が商品のバーコードをスキャンしながらお買い物をすることで、有⼈レジや既存のセルフレジを使わずに決済ができるタブレット端末付きショッピングカートです。決済にはトライアル専⽤のプリペイドカードを使⽤します。
 なお、丸久における同カートの呼称は「レジカートシステム」です。また決済にはマルカカードを利⽤します。

<スマートショッピングカート>


<スマートショッピングカート端末イメージ>


【スマートショッピングカート導⼊により⾒込まれる効果】
・会計時の「⾮対⾯」「⾮接触」促進
 ①既存の有⼈レジを使わないことで店員とお客様の接触機会を削減
 ②店員が商品に触れることなく会計が完結
 ③お客様が現⾦に触れることなく会計が完結

・その他の効果
 タブレット端末を通じたクーポン配信やレコメンド(おすすめ商品の表⽰)等、お客様のお買い物体験の向上 ほか

【「アルク到津店」への納⼊状況、実証実験期間】
 40台納⼊(7⽉9⽇時点)。7⽉9⽇から3ヶ⽉間実証実験期間を設け、その後もトライアルグループと丸久で運⽤改善を⾏う予定です。

【「アルク到津店」への納⼊に⾄る経緯】
2019年、リテールパートナーズの⽥中康男社⻑とトライアルグループ会⻑ 永⽥久男による会談の中で、丸久が運営する店舗への「スマートショッピングカート」導⼊について合意。合意後約1年で試験導⼊開始に⾄りました。
 


【アルク到津(いとうづ)店概要】
住所 ︓福岡県北九州市⼩倉北区上到津三丁⽬3-3
営業時間 ︓9:30〜23:00
TEL ︓093-651-0939
URL ︓http://www.mrk09.co.jp/area_info/アルク到津店


<株式会社Retail AI会社概要>

代表者 代表取締役 永田洋幸
本社所在地 東京都港区浜松町1丁目30−5 浜松町スクエア9F
設立 2018年11月
事業内容  ・AIカメラ等のリテール向けIoTハードウエアおよび
 ソフトウエアの企画・開発・設計
・店内お客様データ・棚データ等の分析、分析結果を活用した
 コンサルティングサービスの提供
・ショッパーマーケティングサービスの提供
URL http://www.retail-ai.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライアルホールディングス >
  3. トライアルホールディングス初となる他企業への納⼊「スマートショッピングカート」を7⽉9⽇(⽊)よりアルク到津店に試験導⼊開始