特定非営利活動法人 もったいないジャパンを通じて除菌スプレー1,300本を国内の福祉施設・団体へ寄付

この度の新型コロナウイルスでお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に謹んで哀悼の意を表すとともに、罹患されている方々へ心よりお見舞い申し上げます。

三ッ輪ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:尾日向竹信、以下「三ッ輪ホールディングス」)は、2020年8月14日、新型コロナウイルス感染症対策支援として、特定非営利活動法人もったいないジャパン(所在地:神奈川県茅ヶ崎市、理事長:山本高大)を通じて、当社の備蓄物資から次亜塩素酸水溶液 除菌スプレー1,300本を国内の福祉施設・団体へ寄付したことをお知らせします。

【支援の背景】
当グループは社会インフラの事業者として、コロナ禍においてもお客さまに安心・安全なエネルギー供給を継続するべく、従業員の安全を前提に事業活動を続けております。

新型コロナウイルス感染拡大の長期化に伴い、対応にあたられている医療従事者や関係者のみなさま、安定的な経済活動に寄与される全てのみなさま、外出自粛により在宅生活を余儀なくされている地域のみなさまへ感謝と敬意を表し、新型コロナウイルス感染拡大の終息と社会経済活動の回復の一助となるよう当社の備蓄物資を下記の通り提供いたしました。


【支援内容詳細】
次亜塩素酸水溶液 除菌スプレー1,300本を国内の福祉施設・団体へ提供。

 

【主な寄付先(予定)】
・NPO法人 全国青年後見の会(https://npo555.org
・地域通貨 C-リングクラブ(http://www.emeroad-chigasaki.com/c-ring/
・財団法人ローカルファースト研究会(http://www.local-first.info


その他、地域の子ども食堂や、町歩きボランティア会などにも配布を予定しております。


【代表取締役コメント】
当グループは、1940年に炭の製造販売事業で創業して以来、灯油・LPガス・電力・都市ガスと、時代の需要に合わせて取り扱い商品を変えつつも、一貫して安全に安定的でより優れた燃料をお届けすることに努めてまいりました。
私共をはじめとしてエネルギー事業者は、一般的には社会インフラ事業者と類別され、「地域社会を支える」存在と認識頂いております。しかし実際には、地域社会がゆたかであることで結果的にエネルギーをご使用いただけるのであり、当グループの80年を超える事業活動は「地域社会に支えていただいてきた」歴史そのものであると考えております。今後も当グループは地域社会の皆様への感謝を胸に、今回のような寄付等の支援活動のみならず、事業活動においても新たな価値のあるサービス・商品の開発と提供を通じて”ゆたかな地域作り”の一助となるよう、尽力してまいります。

 
【お問合せ先】
三ッ輪ホールディングス株式会社 広報/加藤
TEL : 03-6451-0379
Email : e-katou@mitsuwagroup.co.jp

【三ッ輪ホールディングス株式会社】
所 在 地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-24 西新宿KFビル2F
代 表 者:尾日向 竹信(おびなた たけのぶ)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三ッ輪産業株式会社 >
  3. 特定非営利活動法人 もったいないジャパンを通じて除菌スプレー1,300本を国内の福祉施設・団体へ寄付