DHL50周年を記念したDHL x CASETiFYコラボ第二弾 新発売


ロサンゼルス/香港(2019年12月16日):カスタムできるスマートフォンケースやアップルウォッチバンドが海外セレブや国内外の著名人・インフルエンサーの中で話題となり、SNS投稿から人気に火が付いた、L.A発グローバルライフスタイルブランド「CASETiFY(ケースティファイ・www.CASETiFY.com/ja_JP)」は、国際航空輸送会社のDHLとタッグを組み、去る10月にオンラインやポップアップストアでDHLの50周年を記念した限定テックアクセサリーコレクションをグローバルで発売しました。このアニバーサリーコレクションは数週間のうちに数々の記録を樹立。熱狂的なファンにより、世界中から100,000件以上ものウェイトリストが登録され、オンラインでは初回のグローバルローンチでまたたく間に完売に至りました。

今回はファンの熱いご要望にお応えして、2020年1月9日に「DHLとテクノロジーの未来」にインスパイアされたDHL x CASETiFY 第二弾を発売します。www.CASETiFY.com/ja_JP/dhlより購入でき、DHLエクスプレスにて世界中にお届けします。

“50 Years of DHL,(DHLの50年)”と名付けられたコレクションの第二弾は、グローバルに認知されているDHLのブランディングにインスパイアされ、シグネチャーの運送状やコーポレートカラー、ロゴなどをCASETiFYでアレンジ。前回のコレクションの延長線上にあるデザインとして取り入れました。デジタル界でEコマースの先駆者であるCASETiFYは、その遊び心を忘れず、ロゴをベースにしたテープや運送状などのデザインを通して、今回インダストリアルをテーマにしたアートディレクションに挑戦。ロゴテープはベストセラーとなった2018年のコレクションのアップデート版でもあり、運送状はDHLと世界中のカスタマーを繋ぐテクノロジーを表現しています。

さらに、より多くのファンに喜んでもらうため、新たにDHLエクスプレスのパッケージをモチーフにしたシリコン製の「AirPodsケース」も登場します。テックアクセサリーの幅も広げ、様々なデバイスにも対応。 iPhone ケースやSamsung Galaxyケース 、クリア(TPU) Apple Watch バンド、AirPodsの第一世代、第二世代に加えてAirPods Pro対応のケースも仲間入りし、スマホスリングやワイヤレス充電パッドと豊富に取り揃えています。

「DHL x CASETiFYコレクションが世界中のカスタマーに広く受け入れられ、たくさんの人々と共にDHLの50周年を祝えたことを誇りに思います。心を躍らせるようなテクノロジーとイノベーションに溢れた未来を楽しみにしつつ、これからもファンに私たちの冒険を共有していきたい。この新しいコレクションで、これから未来に何が待ち受けているのか、その片鱗を垣間見てもらえればと思います」とDHL Express Asia PacificのCEO Ken Leeはコメントしています。

DHL x CASETiFY コレクションはシリーズに分かれて順次発売予定。各シリーズで、テックアクセサリーにオリジナリティ溢れるデザインをラインナップ。第二弾のオンラインローンチでは、限定コレクションの商品を購入された先着100名様にスペシャルプレゼントを用意。オフライン販売に関しては、香港のラグジュアリーショッピングモールLandmark(ランドマーク)で開催中のCASETiFYポップアップストア「CASETiFY STUDiO」をはじめ、グローバルでポップアップを開催する予定です。

CASETiFY CEO兼設立者のWes Ngは「DHLは、世界中のカスタマーに信頼の置ける確かなサービスプロバイダーとしていることがどういうものかを実証してきました。今回新しく発売する DHL x CASETiFY 第二弾のコレクションでも、品質とデザイン性の高い基準を維持し、次の50年に向けて、さらに高レベルのデザインと卓越性を追求し続ける姿勢で挑みました。」とコメントしています。

DHL x CASETiFY 限定 コレクションは、CASETiFY.comにてUS35ドル (3,800円)からの限定販売で、DHLエクスプレスにてお届けします。詳細につきましては、CASETiFY公式サイトwww.CASETiFY.com/ja_JP/dhl 、DHL Express Hong Kong ソーシャルメディア (Facebook: @DHLExpressHongKong, Instagram: @dhlhk) をご覧ください。

コレクションページはこちら: https://www.CASETiFY.com/ja_JP/dhl

【CASETiFYについて】
CASETiFYは香港とL.AをベースにするEコマースを行うグローバル企業として、2011年に設立。EコマースとInstagramの特性を活かし、個人で気軽にカスタムかオーダーできるスマートフォンケースを市場でいち早く導入したことで、世界中から注目を集めるテックアクセサリーブランドとなる。急成長を続ける中で、日本国内のテックアクセサリー市場においてはNO.1のフォロワー数を誇り、カスタムケースの先駆者存在と言われる。また、同ブランドの象徴であるカスタマイゼーションは海外セレブのカイリー・ジェンナーやジジ・ハディッドをはじめ、森星さんや河北麻友子さんなど多くの著名人やインフルエンサーを魅了。2019年に行われたPokémonとのコラボレーションが大好評を博した他、これまで、フランスのファッションブランドVetements (​ヴェトモン)や日本のファッションブランドsacai (サカイ)、 国際航空輸送会社のDHLとのコラボレーション等も実施。新作アイテムのローンチは勿論、今後も影響力の高いインフルエンサーとの協業も予定。SNS映えやオリジナリティを気にする若年層を中心に日々愛用者が増え続けている注目のブランド。

                                                         
【DHLについて】
DHL - グローバルロジスティクス(国際輸送)
DHLはロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220 以上の国・地域で38 万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。DHLは、ドイツポストDHL (Deutsche Post DHL)傘下のブランドで、グループ全体の2018年の売上は610億ユーロ超に達します。

DHL50年のあゆみ
1969年にサンフランシスコで3人の起業家によって創立されたDHLは、2019年に50周年を迎えます。DHLは発送書類を夜間に空輸するサービスを提供して、物流業界に革命を起こしてきました。こうしてDHLは国際エクスプレス航空輸送業界を開拓し、創設してすぐに、世界中で急成長。現在は、合計38万人を超える従業員を抱え、220以上の国・地域に拠点を置く世界最大の物流企業となっています。DHLでは、カスタマー第一主義と “can-do"文化を掲げ、世界初のワードプロセッシングコンピュータの1つである 「DHL1000」 から、ドイツポスト DHL グループが開発した環境に優しい電動配達車両「StreetScooter」の導入まで、50年に及ぶイノベーションを後押ししてきました。DHLは、「ミッション2050 」で2050年までにグループ全体で二酸化炭素排出量をゼロにするという目標を掲げ、ロジスティクス業界の先駆者であり続けています。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Casetagram Limited >
  3. DHL50周年を記念したDHL x CASETiFYコラボ第二弾 新発売