株式会社ルグラン、気象データを活用した新しいラジオ広告をニッポン放送と共同企画・セールスを開始

〜その日の天気に合わせて商品・サービスを訴求し、新たな需要を創造します〜

デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグラン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:泉浩人、山辺仁美 以下ルグラン)は、株式会社ニッポン放送(本社:東京都千代田区 代表取締役:檜原真紀 以下ニッポン放送)と気象連動型ラジオ広告「ニッポン放送 テンキュールアド」を共同で開発し、その販売を開始します。

ルグランでは、気象ビッグデータを分析し、天気や気温の変化に合わせてユーザーの好みに合ったコーディネートを提案するファッションテックサービス『TNQL(テンキュール)』を開発し、大手百貨店をはじめ、アパレル企業、女性メディア、航空会社等、様々な業界へサービスを提供してきました。これまでに収集されたデータの解析結果からも、消費者の行動はその日の天気に大きく影響を受けることが確認されており、気象データを活用した広告メニューを開発・提供することで、毎日のお天気にあわせて需要の増加が見込まれる商品・サービスをより効果的にPRできるのではないかと考えました。

今般、リモートワークの拡大や外出自粛によりユーザーが急増しているラジオ広告に着目、民放ラジオ局として長い歴史と幅広いリスナーを持つニッポン放送と共同で、気象データを活用した初めての気象連動型ラジオ広告を開発するに至りました。

気象連動型ラジオ広告「ニッポン放送 テンキュールアド」は広告主が決定した際にニッポン放送の番組内の天気予報コーナーで放送される予定です。具体的には、その日の天気に合わせ、需要が高まると思われる広告主の商品やサービスを紹介すると共に、当該番組ホームページ内には広告主のバナーが掲載されるほか、広告主が訴求したい商品や、毎日の天気に合わせたお薦めの商品などを紹介するオリジナルランディングページも提供されます。

ルグランでは、ライフスタイルが大きく変化していく今、広告主と媒体社、そして消費者のニーズにあった新しい広告サービスの開発を今後も進めていきたいと考えています。

【株式会社ルグランについて】
株式会社ルグランは、業界のパイオニア「オーバーチュア」の立ち上げメンバーにより設立されたデジタルエージェンシーです。この領域において10年以上の経験を持つルグランでは、ユーザーエクスペリエンスを起点としたサイト構築をはじめ、マーケティング施策全体を提案します。

【株式会社ニッポン放送について】
株式会社ニッポン放送は、2019年に開局65周年を迎えたラジオ局です。ラジオ放送以外にも、コンサートや舞台をはじめとするイベント事業、ラジオショッピング事業、デジタルコンテンツ事業、出版事業など幅広い業務を手掛けています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ルグラン >
  3. 株式会社ルグラン、気象データを活用した新しいラジオ広告をニッポン放送と共同企画・セールスを開始