株式会社Momoがコロナウィルス対策向けIoTサービスの販売を開始 〜〜 神戸市危機管理室での対コロナ所在検知システムの実証実験も決定

非接触検温デバイスの廉価化に成功

IoT開発を手がける株式会社Momoが、非接触検温システムとIoTシステムの連動により
・高体温の疑いが高い職員を検出し、そのデータがサーバに保存される
・高体温の従業員がどこに滞在して誰と1m以内で接触したかが自動記録、データ化され、濃厚接触者リストを早く簡単にリスト化できる
ことができるサービスである、”検温がかり”・”IoTガードマン”の販売を開始した
株式会社Momoは、非接触検温デバイスと非接触検温IoTシステムの販売開始を発表しました。
これにより、エンドユーザ(工場や病院等の事業所)様は検温を無人化し、自動化することができ、事業停止リスクを最小限に止めることができます。

さらに、上記非接触検温システムとビーコン・スマホアプリの連動により、
・高体温の疑いが高い職員のデータがサーバに保存される
・高体温の従業員がどこに滞在して誰と1m以内で接触したかが自動記録、データ化され、濃厚接触者リストを早く簡単にリスト化できる
など、濃厚接触者リスト作成や感染者の滞在箇所の消毒に活用可能なデータが記録・保存可能です。
これにより、事業所が事業を止める範囲を最小限にとどめ、感染再発防止と事業継続を支援します。

高体温の職員の所在記録に関して神戸市危機管理室において実証実験を行うことが決定したことも、合わせて発表いたします。
テーマ: センシング+ビーコンによる BCPIoT システム
所管課: 危機管理室・企画調整局新産業課
選定理由: 市民サービスの維持と職員の安全確保に効果があると認められるため
実証実験内容:コロナ対策の重要部局の一つである危機管理室の室内にビーコンを複数配置し、職員の室内での移動情報を記録し、感染予防策の検証や、発症者が出た場合の調査資料として活用し、組織機能の喪失を最小限に抑えることを目指す。
実証実験の時期:6 月中旬より 2 カ月程度を予定

価格はオープン価格
ランディングページ(https://momo-ltd.com/kenongakari/
紹介動画(https://www.youtube.com/watch?v=r-pKm3gmokQ

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社Momo 検温がかり担当  E-MAIL : info@momo-ltd.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Momo >
  3. 株式会社Momoがコロナウィルス対策向けIoTサービスの販売を開始 〜〜 神戸市危機管理室での対コロナ所在検知システムの実証実験も決定