神奈川県・岩崎学園・ダイナボアーズが連携事業を開始

ラグビー振興進める

三菱重工相模原ダイナボアーズは、更なるラグビーの発展と普及を目的とし、チームの所在地である神奈川県と、様々な専門分野において人材育成を行っている学校法人岩崎学園と連携し、ラグビー振興を進めることとなった。

 

 

激闘が繰り広げられたラグビーワールドカップ2019は、世界に熱狂と感動をもたらした。

このラグビー熱を絶やすことなく、継続的に人々にラグビーの楽しさ、素晴らしさを伝えていくことが、チームの役割。

先ずは同チームが所在地を置く、神奈川県において積極的にラグビーの普及に努め、県内に専門学校7校を持つ岩崎学園の幅広い知識と人材をラグビーへと結びつけていく。

 


 

1.連携事業の概要

タグラグビー教室の開催

2019年12月7日(土)岩崎学園横浜保育福祉専門学校体育館において、

「親子で楽しむ!タグラグビー教室」を開催

教室の詳細、お申込み等は神奈川県HPをご覧ください。

 

2.新たなるファン層の獲得に向けたプロモーション

新たなるファン層拡大のため、岩崎学園の学生が中心となり、新しい感性や発送を活かしたプロモーションを実施する。

◆岩崎学園によるダイナボアーズ特集ホームページの制作

ダイナボアーズの試合観戦、練習の取材を行い、「ビギナー目線」「若者目線」でチームの紹介や観戦のポイント等の特集ページを制作。

 

◆広報ポスター制作

2020年2月1日に行われる「ラグビートップリーグ2020第4節」の試合の広報ポスターを制作。

 

※上記以外にも、連携事業の検討を進めていく。
 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社 >
  3. 神奈川県・岩崎学園・ダイナボアーズが連携事業を開始