「お手伝い」に来て欲しい人に介護施設が直接オファーできる! 「スケッター」が新機能をリリース。

「お手伝い」に来て欲しい人に介護福祉事業所が直接オファーを出せる「ご指名助っ人」機能を「スケッター」がリリース。
介護福祉特化の体験型シェアリングエコノミー「スケッター」を運営する株式会社プラスロボは10月19日、お手伝いに来て欲しいスケッターに介護福祉事業所が直接オファーを出せる「ご指名助っ人」機能をリリースしました。

スケッターとは?

介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やすことを目的に、2019年にリリースされたWebサービスで、未経験者や資格のない方でも自分のできること(身体介助以外)で福祉に関われるのが特徴の体験型シェアリングエコノミーです。
登録者の6割以上がこれまで介護福祉領域に関わったことのない異業種で、外からの参加者を増やし続けています。学生や20〜30代の登録者が多く、「関心はあるけど、関わるきっかけや手段がなかった」関心層を惹きつけており、異業種からの転職も数多く誕生しています。

「スケッター」▼
https://www.sketter.jp
 


「ご指名助っ人」機能について

スケッターでは、楽曲演奏・踊りなどのレクリエーションスキルのほか、「ライティング」「デザイン」「接客」「イラスト作成」「工作」「WEBサイト作成」「資料作成」「体操」など様々なスキルを持った登録者がいます。
今回のリリースした「ご指名助っ人」機能では、その様々なバックグランドやスキルを持つスケッターの中から「この人に来て欲しい」というお手伝いの依頼を直接本人に送ることができます。
 



互助インフラをスケッターで創る

スケッターとは、介護福祉領域の困りごと、社会課題に対して「自分のできること」で少しだけ「お手伝い」をする人のことを指します。

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、スケッターで新しい福祉インフラを作っていくというビジョンがあります。
社会保障には、自助・互助・共助・公助という4つの要素がありますが、スケッターは昔と比べて脆弱となった「互助」(助け合い)にフォーカスしています。
インターネット、SNSの普及により昔よりも「つながり」を作りやすくなりましたが、一方で「助け合い」という暖かさを持った「つながり」が希薄化しているのが現代です。

福祉領域の担い手がなかなか確保できない時代に、この「つながり」の価値は今見直されています。

「醤油が切れた時に、お隣さんに借りに行く」――。昔当たり前にあった互助の文化をアップデートさせて、令和時代の福祉インフラをスケッターの皆さんと共に創っていきたいと思っています。
(株式会社プラスロボ代表取締役:鈴木亮平)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラスロボ >
  3. 「お手伝い」に来て欲しい人に介護施設が直接オファーできる! 「スケッター」が新機能をリリース。