【市町村・観光協会】新型コロナウイルスによる県内観光地への影響調査結果

~主要観光スポットの多く(5月時点)は観光客が大幅に減少、今後3か月間は近隣市町村や県内からの観光客を中心に誘客を実施予定~

この度、(一社)埼玉県物産観光協会(会長:松本邦義)は、埼玉みどころ旬感協議会(※)加盟市町村・観光協会(以下、「会員」という。)に対し、新型コロナウイルスによる県内観光地への影響調査を行い、結果が取りまとまったので公表します。(回答数:48件、回答率:53.9%)
○詳細な調査結果については、参考資料ファイルをご参照ください。

○調査結果のポイントは以下のとおりです。

・主要観光スポットの5月の観光客数は対前年比70%以上減少が約6割

・主要観光スポットの直近1週間の観光客の戻りは、対前年比50%以上100%未満が約2割、50%未満が約3割

・夏休み(8月)には、会員の約6割が対前年比50%以上100%未満程度回復したいと回答

・シルバーウィーク(9月)には、会員の約5割が対前年比50%以上100%未満程度回復したいと回答

・今後3か月間は、近隣市町村から誘客したいとの回答が最も多く、次いで県内から集客したいとの回答が続いた(複数回答)

・約2割の会員が、独自の補助事業(宿泊補助やプレミアム商品券など)を行っていると回答

 ※埼玉みどころ旬感協議会
(一社)埼玉県物産観光協会の内部組織で、観光情報の集約や地域資源の磨き上げを行うことを目的に市町村・観光協会により組織されたものです。(現在89団体)

【当調査に関するお問い合わせ先】
(一社)埼玉県物産観光協会 DMO事業本部 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人埼玉県物産観光協会 >
  3. 【市町村・観光協会】新型コロナウイルスによる県内観光地への影響調査結果