ついに電子書籍で「宮部みゆきの小説」が読める! 初の傑作選『宮部みゆき よりすぐり短編集』 12月6日、満を持して電子限定配信開始!!

宮部みゆきの短編集が、初めて「電子書籍」になります! 12月6日配信開始の『電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集』は、紙媒体での発売は無しの「電子書籍限定配信」。しかも、著者初の「傑作選」です。

アンソロジーの一編として配信されることはあっても、「丸ごと一冊、宮部さんの小説」という電子書籍の刊行

 

は、今回が初! しかも著者にとって初めての「傑作選」でもあります。今回の短編集に収録されたのは、「サボテンの花」「雪娘」「10年計画」「朽ちてゆくまで」「たった一人」「邪恋」「ばんば憑き」「片葉の芦」「神無月」「地下街の雨」「淋しい狩人」「刑事の財布」という、様々なジャンル、執筆年代を網羅した12篇。長年に亘り宮部作品を担当してきた編集者・佐藤誠一郎がより抜いた短編たちには、代表作・話題作の原型が感じられ、小説家・宮部みゆきの主だった足跡を辿ることができます。「宮部さんの短編も読んでみたいけれど、何から読んだらいいの?」という初心者には最適なスターターブックとなっています。長年のファンにも“目から鱗”な読みどころを押さえた「全作品解説」付き。

今回は『よりすぐり短編集』のほか、『宮部みゆき全一冊』『ほのぼのお徒歩日記』、そして、宮部さん監修『半七捕物帳-江戸探偵怪異譚』の3冊も、同時に配信開始です!
 


【解説を担当した佐藤誠一郎(新潮社出版部)のイチオシポイント!】
短編は「切り取る」のが仕事。宮部さんの刃物は、和包丁だったりゾーリンゲンだったりと実に様々ですから、「切れ味の違う十二品」が特徴のメニューになりました。「あの有名な長編」の原石を探す楽しみも隠し味の一つ。宮部さんの小説脳の自在さを、どうか堪能してください!


【書誌情報】 
書 名:『電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集』
価 格:本体980円+税/ 配信開始日:2019年12月6日
特設サイト:https://www.shinchosha.co.jp/mmebook/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. ついに電子書籍で「宮部みゆきの小説」が読める! 初の傑作選『宮部みゆき よりすぐり短編集』 12月6日、満を持して電子限定配信開始!!