共に新型コロナウイルスと戦うために。日本のマスク不足を支援するために、東京・高田馬場駅にてマスク配布活動を実施。


日本の視聴者を対象とした動画ニュースの配信を強化している中国発のニュースサイト『北京週報』。
動画ニュースでは日本人レポーターを起用し、環境保護や高齢化問題、中国で活躍する日本人、地方経済の発展状況など、現地発のメディアならではの視点で中国の実情に迫るレポートを発信しており、中国情勢に注目する日本人からも大変好評を得ている。

現在、世界的な新型コロナウイルスの蔓延によって、日本では依然としてマスクが手に入りにくい状況が続いている。
このような状況に対し、弊社『北京週報』は日本へ支援とエールを送りたいという思いから、国際生態経済協会と、東京で中国人留学生に教育支援を行なっている青藤教育と共同で、3月19日に東京・高田馬場駅にてマスクの無料配布を行いました。

今回公開された動画ニュースでは、配布時の様子や今回配布に至った経緯やその思いなど、活動の様子をレポートしている。

記事:http://japanese.beijingreview.com.cn/exchanges/202003/t20200320_800197822.html
 

 

『北京週報』 は1958年、故・周恩来総理の提唱によって創刊された海外向け週刊誌で、現在5カ国語版のニュースサイトを運営しており、日本語版ではウェブに加えてFacebookや提携会社のYouTubeチャンネルでも中国に関する最新ニュースを配信している。

URL:http://japanese.beijingreview.com.cn/
所在地:北京市百万荘大街24号
Facebook:https://www.facebook.com/pekinshuho/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 北京週報社 >
  3. 共に新型コロナウイルスと戦うために。日本のマスク不足を支援するために、東京・高田馬場駅にてマスク配布活動を実施。