オールバーズから初のアパレルライン「オールバーズアパレル」が10月20日(火)ローンチ

「Allbirds(オールバーズ)」は、初のアパレルライン「Allbirds Apparel(オールバーズアパレル)」を10月20日(火)から順次発売いたします。


オールバーズは、環境にとって適切な方法で作られたモダンミニマリズムコンセプトをシューズ製品の枠からさらに広げることになります。オールバーズの特徴であるシンプルなデザイン、高品質な自然素材、そしてサステイナビリティへの取り組みを活用して、ミッションを持ったアパレルラインを展開します。オールバーズアパレルは快適性、機能性、デザイン、そして地球への配慮においてより良い品質を求めます。
 
最初のコレクションに含まれるTrinoXO™ Tシャツ、ウールジャンパー、カーディガン、そしてTrinoXO™パファーは自然への回帰だけでなく、自然素材の進化を示しています。各製品のカーボンフットプリントが記載された世界初のアパレルラインであり、最先端技術で作られたクラシックな服は、次世代の自然素材活用と伝統的手法や素材を組み合わせて作られています。オールバーズアパレルはブランドの理念である「right amount of nothing(ちょうど良い何も無さ)」を体現する、微細でありながら特徴的で、高級感のあるラインとなります。
 
  • 製品概要

 


Men's(上)Women's(下) /TrinoXO™ Tシャツ(10月20日(火)発売)
価格:¥6,300(税込)

 

 

 

 

 


Men's(上)Women's(下) /ウールカーディガン(10月20日(火)発売)
価格:¥19,000(税込)


Men's(上)Women's(下)/ウールジャンパー(10月20日(火)発売)
価格:¥17,500(税込)


Men's(上)Women's(下) /TrinoXO™パファー(11月初旬発売)
価格:¥33,000(税込)
 
  • Online Store

URL  :allbirds.jp
アイテム :シューズ、ソックス、アンダーウェア、アパレル
送 料  :無料(日本国内のみ)
返品交換 :30日以内であれば無料
 
  • Harajuku Store

ストア名:Allbirds 原宿(オールバーズ原宿)
住 所 :東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル1階
JR原宿駅竹下口より徒歩1分
営業時間:11:00 ~ 19:00 不定休
お問い合わせ先:0800 080 4054 
  • Our Story

サッカーの元ニュージーランド代表のティム・ブラウンとバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー。2人の異色のチームにより、2016年にサンフランシスコで誕生したのが「Allbirds(オールバーズ)」です。
長年スニーカーを愛用してきたティムが、大きなロゴや目立つ色、そしてケミカルな素材といった従来のスニーカーのあり方に疑問を持ち、着目したのが、生まれ育ったニュージーランドのメリノウールでした。
ティムはその優れた特性の可能性を信じてジョーイとタッグを組み、快適性とサステイナビリティ、そしてデザイン性を兼ね備えた「Allbirds」が誕生しました。
最初に発売され、今やシグニチャーとなっている「Wool Runners(ウールランナー)」。最高級のメリノウールを使用したまったく新しい快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル使用、インソールには石油ではなくヒマシ油を用いカーボンフットプリント排出量を抑えるといった環境に配慮したモノ作りが共感を呼びました。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞の受賞経験もあり環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価は世界中に広まっていきました。
その後も、ユーカリの木の繊維で快適さをそなえたメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズや、サトウキビ由来でカーボンネガティブなGreen EVA素材を靴底に採用したエコフレンドリーな素材の開発を続け、現在は20シリーズにまでラインナップが広がっています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Allbirds合同会社 >
  3. オールバーズから初のアパレルライン「オールバーズアパレル」が10月20日(火)ローンチ