株式会社ユーラスエナジーホールディングスとのパートナーシップを強化

株式会社ユーラスエナジーホールディングスがモルゲンロット株式会社に出資
モルゲンロット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 井上博隆、以下モルゲンロット)は、今後ますます需要が高まると予想されるCGレンダリングのユーザーへのクラウドベースの分散型高速レンダリングサービスの分野において、株式会社ユーラスエナジーホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲角秀幸、以下ユーラスエナジー)とのパートナーシップを強化します。モルゲンロットのレンダリングサービス”Render Pool™”は精緻なコンテンツ制作、複雑なシミュレーションを多用する自動車などの産業分野、遠隔での医療診断など多くの分野で必要とされているCGレンダリングの旺盛なニーズを満たす5G時代を見据えた新たなクラウドベースの分散型高速レンダリングサービスです。
 

ユーラスエナジーは1987年に米国カリフォルニア州で風力発電事業をスタートさせて以来30年にわたり、一貫して世界各国で再生可能エネルギーの発電事業に従事しているグローバル企業です。日本国内における風力発電業界のリーディングカンパニーでもあり、現在操業中の風力および太陽光発電所の設備容量は世界13か国で約312万kWとなります。
 

パートナーシップ強化の内容と今後の計画

・ 再生可能エネルギーの大手事業者が自社設備を活用してCGレンダリングサービスに取り組む事例としては初となったブル・クリーク風力発電所(米国テキサス州)内のコンテナ型コンピューティングデータセンターの運用準備(サービス開始は2021年を予定)。

・ユーラスエナジーのモルゲンロットへの出資
 

モルゲンロットが運営するレンダリングサーバーは米国AMD社の最新の高性能グラフィックプロセッサーAMD Radeon™およびレンダリングソフトウエアAMD Radeon™ ProRenderをベースに、当社独自開発の分散処理アルゴリズム”Excalibur™” をポーティングした高性能システムです。

Render Poolは、来たる5G時代に向けて急速な成長が期待されるクラウドベースのCGレンダリング需要に、ユーザー・フレンドリーなサービスを最新のシステム体制にて提供いたします。

(設置予定のコンテナ写真)

 


 
 

 <画像はイメージです。実際の完成品とは異なる可能性がございます。>


モルゲンロット株式会社について
 クラウドベースの分散型コンピューティングパワー(計算力)のプールを開発、管理、提供および、高速レンダリングサービスRender Pool™を提供しています。

社名: モルゲンロット株式会社(MORGENROTとはドイツ語で”朝焼けの山頂”という意味)
URL:https://jp.morgenrot.net
設立:2019年4月
本社:東京都千代田区外神田3-13-2 LIFORK AKIHABARA II R4A
代表取締役CEO:井上 博隆


このニュースリリース記載の情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL 等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、予めご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モルゲンロット株式会社 >
  3. 株式会社ユーラスエナジーホールディングスとのパートナーシップを強化