サステナブル建築材である古木™を活用した建築物が2020年4月14日受賞作品発表の「AICA施工例コンテスト2019」で優秀賞を受賞

古民家の部材である「古木™」を活用した商業施設・オフィスで定評がある、株式会社山翠舎の建築事例が、準グランプリに輝きました。人と環境、社会問題を解決する「全方よし®」の提案を多くの人に伝えていきます。

今回で8回目を迎えた同コンテストは、設計やデザイン業務に携わる方を対象に、建材大手であるアイカ工業製品を一部に使用した施工例を審査します。今年も優れたデザイン性や発想力による個性的な作品が多く集まる中、株式会社山翠舎(本社:長野県長野市、代表取締役社長 山上浩明 ※以下、山翠舎)が設計・施工を手掛けた「長谷の客間、隣の住まい」が、2020年4月14日に優勝賞を受賞(※応募総数322件)。本来廃棄処分されるはずの築90年の⽇本家屋で使われていた古材(古木™)や古建具などを多数再利用しながら、現代に求められる性能を備えたジョリパットを左官材として採用。日本古来の風合いを残した機能美豊かな空間設計が、高く評価されました。

 

長谷の客間、隣の住まい© 志摩大輔長谷の客間、隣の住まい© 志摩大輔


 今回で8回目を迎えたAICA(アイカ)施工例コンテスト2019は、設計やデザイン業務に携わる方を対象に、建材大手であるAICA工業製品を一部に使用した施工例を審査します。建築文化の向上・発展への貢献を目的として、2012年より開催。今年も優れたデザイン性や発想力による個性的な作品が多く集まりました。
 山翠舎が設計・施工を手掛けた「長谷の客間、隣の住まい」が、準グランプリとなる優勝賞を受賞しました。受賞したのは、由⽐ヶ浜沿いの住宅兼旅館。施主は以前都内で築90年の⽇本家屋に住み副業として⺠泊を運営していた若いご夫婦です。建物は周辺のスケールに合わせ分棟とし、庭園を挟んで奥を⺟屋、海側を離れとして配置。⺟屋1階はダイニングとして奉仕する場所で、2階のみが施主のための居住空間です。つまり建物の殆どは宿泊者に奉仕する「客間」のような住まい。
 今回、以前暮らしていた築90年の⽇本家屋で使われていた古材(古木™)や古建具などを多数再利用しています。それらの風合いを残しつつ、現代のデザインと調和させ引き⽴てるために活用されたのが、アイカ工業製のジョリパット。左官材としての日本古来の風合い出しながら、現代的な性能を両⽴している素材として内装材に多用しました。大規模な古⺠家移築などではなく、本来廃棄処分されるはずの古木™を、あくまでも現代的な設えや機能を持った住空間・宿泊施設のデザインとして昇華させた点が、審査員からの高い評価につながりました。

 山翠舎は、サスティナブル建材である古木™を利用した空間設計・施工のエキスパートです。古民家の解体から関与していくことで脱炭素化や長く愛される空間づくりなどを通じて、多くの環境問題解消に貢献しています。入手ルートがわかる建材である古木™は人とのつながりを生み出します。社会問題の解決だけではない、人と地球に優しい世界をつくる「古木™」の空間提案は、その取り組みが世の中に浸透しつつあります。こうした取り組みは昨今話題の「SDGs」にも合致しており、山翠舎は「長野県SDGs推進企業」に指定されています。古民家とその持ち主、さらに事業者や、空間(施設)の利用者がつながることもできます。「人の顔がみえる建材」が古木™なのです。また、独特の深い印象が記憶に残り(インパクトがあり)、集客効果も期待できると喜ばれています。
 古民家・古木™の活用を中心とした「全方よし®※下図参照」のビジネスモデルは、林野庁主催の「JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2019」も受賞しました。
山翠舎では、そのほか多数の受賞や認証を取得しています。

【山翠舎の主な受賞歴(近年抜粋)】
●GOOD DESIGN AWARD 2019
https://www.g-mark.org/award/describe/49326

●JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2019
https://www.wooddesign.jp/
https://www.wooddesign.jp/pdf/wooddesign2019_awardslist_0_all.pdf

●AICA施工例コンテスト2019
https://www.aica.co.jp/mypage/culture/contest/cont2019/winner/02.html

●カフェレスデザインアワード2020(山梨県北杜市『kaikoma kitchen』) 
http://caferes.jp/doc/cddsaward2020.pdf
https://sansui-sha.co.jp/works/post-408.html
 

参考写真1:山梨 Kaikoma kitchen 外観参考写真1:山梨 Kaikoma kitchen 外観

 

参考写真2:山梨 Kaikoma kitchen 内装参考写真2:山梨 Kaikoma kitchen 内装


【山翠舎の主な登録・認証】
●長野県のSDGs推進企業
https://www.pref.nagano.lg.jp/sansei/documents/listgattai_2.pdf
現在232の登録企業の中から5社が選定された補助金対象の事業を行っている。
●FSC認証
https://jp.fsc.org/jp-jp
●「古木/KOBOKU」「全方よし」は、山翠舎の登録商標です。

資料1(左):長野県SDGs推進企業登録証 資料2(右):FSC登録証資料1(左):長野県SDGs推進企業登録証 資料2(右):FSC登録証

資料3:全方よし®概念図資料3:全方よし®概念図


【企業情報】
▼株式会社山翠舎公式サイト
https://www.sansui-sha.co.jp/ 
▼株式会社山翠舎 Instagram
https://www.instagram.com/sansuisha/
▼山翠舎YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/sansuisha/
▼山翠舎設計施工実績(店舗デザイン.com)
https://www.tenpodesign.com/company/detail/629 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社山翠舎 >
  3. サステナブル建築材である古木™を活用した建築物が2020年4月14日受賞作品発表の「AICA施工例コンテスト2019」で優秀賞を受賞