意味を紡げる都市を考える「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」創刊・発売!創刊号発売記念イベントも開催

創刊号のテーマは「コミュニティ」、株式会社グランドレベル大西正紀氏による寄稿掲載。

株式会社301が企画・運営に参画するTOKYO PARALLEL GUIDEは、初の紙媒体となる、意味を紡げる都市を考える「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」を、2021年5月24日(月)に創刊・発売します。(TOKYO PARALLEL GUIDE 公式サイト: https://tokyoparallelguide.studio.site
都市の「作り手」と「使い手」をコミュニティとしてつなぐことで、オルタナティブな都市のあり方を提案し、実現することを目的とした領域横断の活動体「TOKYO PARALLEL GUIDE」は、個々人にとっての“意味”を紡げる都市「Meaningful City」のコンセプトを掲げ、これを深めていくために、初の紙媒体となるZINEを発刊します。
創刊号となる今回のテーマは「コミュニティ」。特別ゲストに東京・森下にある喫茶ランドリーのオーナーであり株式会社グランドレベル大西正紀氏をお迎えし、寄稿を掲載。異なるバックグランドや視点を持つTOKYO PARALLEL GUIDEメンバーとともに都市のコミュニティ論を展開します。
また、創刊号発売を記念して、5月26日(水)、6月9日(水)にはトークイベントを開催します。

「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」表紙「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」表紙



意味を紡げる都市を考える「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」とは

TOKYO PARALLEL GUIDEは、都市計画・街づくりに関わる「作り手」と、街を舞台に活動する「使い手」のコミュニティや街づくりへの関わり方の分断に対する問題意識から、両者一緒に理想の都市を考え、コミュニテイとしての融和を目指す活動体としてプロジェクトをスタートしました。活動に当たって、これまでの都市の作られ方が最大公約数的な「価値」に主軸が置かれていたことに対し、その都市に関わる個々人がそれぞれの「意味」を紡いでいける場として都市を捉え直そうとする「Meaningful City」というコンセプトを掲げ、これまで都市の専門家・実践者とクリエーターらが協働し、イベント等の活動を展開してきました。
「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」は、このコンセプトを深めるとともに、都市の「作り手」と「使い手」の融和を図るために、毎号テーマを設定し、特別ゲストとして都市の専門家・実践者をお招きし、両者一緒に意味を紡げる都市を模索して描いていくマガジンとして発刊されます。


創刊号のテーマは「コミュニティ」。特別ゲスト株式会社グランドレベル大西正紀氏の寄稿を掲載。

コロナ禍で、リアルな人と人との関わりの意味について世界が改めて考え直している今、「コミュニティ」とは?ということを多角的に見つめ、それが我々の日々の生活の中でどのような意味を持つのか、そしてそこからどのような都市のあり方を描くことができるのかを考察します。
記念すべき創刊号のコラボパートナーは、東京・森下の喫茶ランドリーオーナーであり株式会社グランドレベルの大西正紀さんをお迎えします。
そして異なるバックグランドや視点を持つTOKYO PARALLEL GUIDEメンバー6人による、インタビュー、論考、リサーチ、エッセイ、小説など6者6様の編集・執筆により、意味の紡げる都市のミーニングフルなコミュニティを探索していきます。


■CONTENTS
  • Introduction:都市の真ん中で「意味」を紡ぐ Read The City, Write The Stories.
  • WHAT IS A "COMMUNITY"?コミュニティという言語の系譜的探索 Edit / Masaki Yamasaki
  • コミュニティ解体論 – 2021年、喫茶ランドリーからコミュニティを考える Text / Masaki Onishi(株式会社グランドレベルディレクター/喫茶ランドリーオーナー)
  • 見えない都市、見えないコミュニティ Text / Takuro Nakamura
  • MEANINGFUL MATERIAL コミュニティを誰かにとって意味のあるものにしているマテリアルを可視化する Text / Yukako Ishikawa
  • THE COMMUNITY FOMULA コミュニティの方程式 Edit / Shogo Otani                   INTERVIEW:Soichiro Yamashita (K5 館長)& Syohei Hashimoto (鰻 はし本)
  • わたしの居場所はどこ? Edit / Sara Hosokawa                              Vol.1 Shigeru Urushibara                                       Vol.2 Natsuko Kurasawa (NPO法人Mission ARM Japan)                       Vol.3 Jun Hirayama & Kefa Cheong (NEUT Magazine)
  • URBANIZED LOCAL COMMUNITY―中動態的コミュニティから超・能動態的マイクロ・ネットワーキングへ Text / Masaki Yamasaki                                           INTERVIEW:「住商一体」による都市生活の中のコミュニティ/ Takeshi Kondo (FINETIME COFFEE ROASTERS)
  • ある対話 Text / Yu Miyazaki

WHAT IS A COMMUNITY?コミュニティという言語の系譜的探索WHAT IS A COMMUNITY?コミュニティという言語の系譜的探索

コミュニティ解体論 – 2021年、喫茶ランドリーからコミュニティを考えるコミュニティ解体論 – 2021年、喫茶ランドリーからコミュニティを考える

MEANINGFUL MATERIALMEANINGFUL MATERIAL



■基本情報
  • 媒体名: MEANINGFUL CITY MAGAZINE Vol.1 | COMMUNITY
  • サイズ: B5変形・80ページ
  • 発売日: 2021年5月24日(月) ※予約販売は4月30日(金)から
  • 発 行: TOKYO PARALLEL GUIDE
  • 金 額: 1,100円(税込)
  • 販売先: オンライン販売及び一部書店など   
※予約販売は、予約特典として、MEANINGFUL CITY MAGAZINE編集・執筆にあたっての、ここでしか聞けない裏話やこぼれ話を収録したスペシャルトークへの限定アクセス券をプレゼント。
※予約特典は、発売日以降、ご購入いただきましたメールアドレスに、限定アクセスできるURLを送付します。収録した音声データにアクセスいただき、好きな時に聴取していただけます。なお、発売日前日を持って、予約特典の販売は終了とさせていただきます。

■オンライン販売情報
TOKYO PARALLEL GUIDEのStoresページにて販売します。
 販売ページ  : https://tokyoparallelguide.stores.jp/
 ※ZINE詳細紹介: https://note.com/tpg_city/n/nbd136baf8672


創刊号発売記念イベントを開催!

「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」創刊を記念して、ZINEのテーマである「コミュニティ」を切り口に、今回編集に取り組んだメンバーの編集トークや、意味を紡げる都市「Meaningful City」を実装していくためのトークイベントを開催します。ZINE自体のコンテンツに興味のある方から、実際に都市づくりや街づくりに取り組む実務者やデザイナーなどの方々ともコミュニケーションを図れる機会を提供します。

 (1)「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」創刊記念トークイベント(オンライン)

「コミュニティ」をテーマに編集した創刊号を通しての発見・学びを振り返り、TOKYO  PARALLEL GUIDEメンバーによるミーニングフルな都市のあり方・つくり方をトークします。今回のアイディアをどのようにプロジェクトへ展開できるか、メンバーそれぞれの背景や経験を交えながら、実際に街へ実装していくための方法を模索していきます。
  • 日時: 2021年5月26日(水)20:00から(60分程度を予定)
  • 配信: Instagram にてライブ配信
  • 料金: 無料
※詳細は、TOKYO PARALLEL GUIDE Facebookページ(https://www.facebook.com/TokyoParallelGuide)で告知します。
※Instagramライブ配信参加・視聴方法
 ・Instagramのユーザーのみ参加できます。
 ・当日5/26(水)20:00からInstagramストーリーで配信アカウントからライブ配信されます。
 (配信アカウントはFacebookページで告知します。)
 ・配信アカウントをフォロー後、ストーリーをタップすることで、ライブ配信を視聴できます。
 (フォローしないで視聴する場合は、配信アカウントのプロフィールにアクセスし、アイコンの丸をクリックして視聴することができます。)


(2)「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」創刊記念トークイベントVol.2
 ―特別ゲスト大西正紀氏と探る、ミーニングフルなコミュニティや都市をつくり方

創刊号の特別ゲスト、東京・森下の喫茶ランドリーオーナーであり株式会社グランドレベルの大西正紀氏とともに、「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」の内容やアイディアを共有し、ミーニングフルなコミュニティや都市のつくり方を探ります。実際に都市づくりや街づくりに取り組む実務者やデザイナーなどの方々とのコミュニケーションを図れる機会も提供し、アイディアに留めず、街へ実装していくための方法やプロジェクトへの展開を模索します。
  • 日時: 2021年6月9日(水)18:30〜20:00(18:00から開場)
※イベント会場による開催を予定しておりますが、状況に応じて、オンライン配信となる場合があります。詳細は、TOKYO PARALLEL GUIDE Facebookページ(https://www.facebook.com/TokyoParallelGuide)で告知します。
 

過去のイベントイメージ過去のイベントイメージ

 

 

「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」発刊に合わせて「Make a Meaningful City!」プロジェクトを開始!プロジェクトパートナー募集スタート

ミーニングフルシティのコンセプトに共感し、実現したいコンセプトやプロジェクトがある方に対して、TOKYO PARALLEL GUIDEがコミュニティパートナーとなり、街づくり、地域づくり、施設・拠点開発などを支援する「Make a Meaningful City!」プロジェクトを開始します。
リサーチ、コンセプトメイキング、ハードやソフトのデザイン、クリエイティブディレクションを含めた、領域横断による異なる分野のネットワーキング、コミュニケーションの円滑化・活性化をご支援し、ミーニングフルな施設・拠点、エリアづくりの思考・実装を図ります。
「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」の発刊に合わせて、エリアづくりなどのパートナーを探している方のご相談の募集を開始します。ご興味・ご関心ある方は、TOKYO PARALLEL GUIDEの公式WEBSITEまたはE-mailからお問い合わせください。

Make a Meaningful City!Make a Meaningful City!



 
■TOKYO PARALLEL GUIDEとは
都市のハードを形作る人々とソフトに命を吹き込む人々が分野横断で結集し、個人の「意味」を起点とした都市計画、まちづくりを想像・共創する活動体。架空の東京を構想する「パラレルトーキョー」のシティガイドブックや「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」の制作、また様々なプロジェクトを通して、実際の都市の変容を促していく。

<TOKYO PARALLEL GUIDEメンバー>
石川 由佳子
アーバン・エクスペリエンス・デザイナー / 一般社団法人for Cities代表理事 / Good News for Cities
ドイツで暮らしていた経験から都市のあり方や人の営みが起こる“源”に関心を持ち、ボトムアップ型の都市づくりをテーマに活動を行う。体験をつくることを中心に「場」のデザインプロジェクトを国内外で手がける。

大谷 省悟
301 プランナー/ディレクター/CEO
映像プロダクションを経て、2014年に株式会社301を設立。ブランド開発やリブランディングプロジェクトを多数主導。2019年に「新しい仕事観」の発信拠点として代々木上原に「No.」を立ち上げる。

中村 拓朗
フリーランスデザイナー
2020年慶應SFC卒。大学では脳波と機械学習を用いた記憶されやすい画像生成の研究を行う。卒業後フリーランスデザイナーとして、主にUXデザインやマーケティング戦略に従事。

細川 紗良
301 プロジェクトマネージャー
2019年武蔵野美術大学卒業。301のメンバーとして2019年にNo.を立ち上げ、飲食×デザインの領域でPM、プランニングを行う。

宮崎 悠
MY HEAD Graphic Designer + Director
デザインレーベル「MY HEAD」主宰。グラフィックデザインを軸に事業のブランディングやプロジェクトのディレクションを手掛ける。

山﨑 正樹
日本大学客員研究員/森ビル
大学・大学院で都市開発と公共空間の研究を行う。2010年森ビル入社。都市計画、タウンマネジメント、住宅新規事業の業務に従事。現在、会社員傍ら、都市の文化や個性創出につながるエリア・ディベロップメントの研究に取組む。

<サポートメンバー>
後藤 佑介(編集)
TWO VIRGINS/プロジェクトマネージャー
出版社トゥーヴァージンズにて出版企画から販売まで出版にまつわる仕事を行う。

TOKYO PARALLEL GUIDEロゴTOKYO PARALLEL GUIDEロゴ

 

 

■301.incとは
「人生と仕事をひとつにする」をミッションに、モノ・コト・場のデザインだけではなく、仕事のはじまり方やそこに関わる人々の関係性のデザインを追求する。ブランド開発や事業開発のパートナーとして、文化とビジネスを横断する様々なプロジェクトに参画。また、ミッションの発信拠点として、飲食業態とクリエイティブオフィスが融合したコンセプトスペース「No.(ナンバー)」を2019年より代々木上原にて展開している。
都市の「作り手」と「使い手」をコミュニティとしてつなぐことで、オルタナティブな都市のあり方を提案し、実現することを目的としてTOKYO PARALLEL GUIDEを立ち上げ、企画運営に参画する。


■本リリースに関するお問い合わせ

TOKYO PARALLEL GUIDE(企画・運営参画:株式会社301)
E-mail:tokyoparallelguide@gmail.com ※お問い合わせは、メールでお願い致します。

公式WEBSITE: https://tokyoparallelguide.studio.site
FACEBOOK  : https://www.facebook.com/TokyoParallelGuide
note    : https://note.com/tpg_city
STORES  : https://tokyoparallelguide.stores.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社301 >
  3. 意味を紡げる都市を考える「MEANINGFUL CITY MAGAZINE」創刊・発売!創刊号発売記念イベントも開催